広島県広島市安佐北区でシーリングが劣化した外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。

写真から分かるように、外壁材の隙間を埋めている

シーリングが劣化し細かく破断していました。

また、指で触ると白い塗料が付着するチョーキング現象も起きていました。

こちらのお住まいのような外壁をサイディング外壁と言います。

サイディングボードという板状の外壁材を貼り付け、

のり状のゴム製素材であるシーリング材で隙間を埋める事で施工されます。

またこのシーリング材によって、建物内部に雨水が侵入するのを防いでいます。

 

使用箇所や天候によっても異なりますが、シーリング材は紫外線に弱い素材である為、

設置して約5年経った頃から劣化が始まり、

徐々にひび割れや縮んだ状態となり防水性を失っていきます。

今回のように欠落した部分がある場合は、

既に内部へ雨水が入り込んでいる可能性が高いです。

もし、雨水が内部へ侵入していくと外壁内部が腐敗し、

脆くなる事で外壁ごと剥がれ落ちたり、

アレルギー症状の原因にもなるカビが発生する恐れがあります。

 

シーリングの補修には打増し打替えの2種類があります。

劣化が軽ければ、既存のシーリング材の上から充填する打増し

劣化が重ければ、既存のシーリング材を撤去し新たに充填する打替えを行います。

また、チョーキング現象が見られる様になると、

塗料の耐久度がなくなり顔料の形状が粉状に劣化し、塗装が落ちやすくなる状態になっています。

ただし、チョーキング現象が起こってもすぐに塗り替える必要はありません。

チョーキング現象は外壁劣化の初期段階の症状です。

そろそろ、塗り替えの時期が近付いてきたな、と思っておけば大丈夫です。

このチョーキング現象後には、塗膜が劣化してる為

ひび割れや塗料の剥がれと言った症状が見られる様になります。

この様な症状が見られた時、塗り替えを検討するようにしましょう。

 

外壁は屋根や床下と異なり、確認しやすい場所にあります。

加えて、劣化症状もひび割れやチョーキング現象など視覚的にも分かりやすいものが多い為、

誰でもチェックが出来ます。

日当たりがいい場所程、劣化が早いので

南面や西日が当たる場所から定期的に確認してみましょう。

 

徐々に桜が葉桜へと変わっていますね。

広島では今晩から明日にかけ、天気予報に傘マークが付いていたので

一気に散ってしまうのではないかと心配しています。

しかし、これからは新緑の季節が始まります!

お弁当を持って、外出する予定を立てるのもいいですね。