広島市安佐北区で漆喰がひび割れている瓦屋根修理リフォーム無料診断を行いました。 先日、お客様から 「家を建ててから今まで一度も屋根を見て貰った事がありません。梅雨の前に一度見てもらえませんか。 昨年が色々と災害続きでこれからが心配です。」とご連絡を頂き早速、瓦屋根の無料診断を行いました。 写真で見て分かるように漆喰部分は乾燥し、ひび割れが起こっています。 また、棟の瓦を止める銅線も切れており、のし瓦にズレが見られました。 漆喰は「消臭効果」や「防カビ性能」があると言われ、 屋根だけに限らず、家の内壁にも使用されるほど身近な物です。 瓦屋根には漆喰がよく用いられています。 漆喰には棟部分の瓦と瓦を繋ぐ為の「接着剤」の様な役割があります。 また、漆喰が綺麗だと建物の見た目も大きく変わり、グッと建物全体が引き締まってみえます。 しかし、漆喰が劣化で剥がれてしまうと、剥がれて弱い部分から雨水が入り込み、 下の屋根材に染みて雨漏りの原因となります。 また、こちらのお住まいのように 棟を固定し支えている銅線が切れていたら棟にズレが生じてしまいます。 ただ、棟は家の一番高い部分であり、 屋根を目視しただけでは動線が切れていたり瓦がズレていても分かりにくいですよね。 今回の様に、漆喰が酷く劣化し棟瓦やのし瓦が大きくずれている場合は、 棟の積み替え工事を行います。下地の防水紙から交換する為、赤土や防水紙が雨水を吸っていたとしても 雨漏りする心配はありません。また、以前は赤土で支えられていた棟ですが、 近年は桟木を用いた棟が主流となっています。 土よりも木材の方が軽い為、屋根に掛かる負担も軽減することが可能だからです。 地震対策などで屋根を軽くするお住まいが増えていますから、 この機会にこの工法も検討してみるといいかもしれませんね。 お住まいも人間の病気も早いうちに治療すれば、悪化する前に直すことが出来ます。 家族がいつまでも笑顔で暮らせるように、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。   数字の「9」がクレープを巻いている形に似ていることから 毎月「9」の付く日はクレープの日だそうです。 より多くの人にクレープの美味しさを知ってもらうことが目的で作られたそうで、 記念日を通してクレープをもっと身近なおやつにしたいとの願いが込めらているそうですよ。 身近なおやつとなったクレープ。帰りに寄って食べるのもいいかもしれませんね。