修三レッド修三レッド

こんにちは。正光技建のリーダー、修三レッドです。
カープが好きすぎてレッドの称号を貰いました。
でも、昨日はカープが負けて残念な試合になりましたね・・・

 

山根夕佳山根夕佳

こんにちは。アシスタントの山根です。
今回は、広島市安佐北区にお住まいのお客様から、
スレート屋根が傷んでいるとの相談を受け、レッド修三監督と一緒に
さっそく屋根の無料診断を行いましたよ!

 

写真から分かるように赤色の屋根が色褪せ、端が黒ずんでいます。

また、隙間や屋根の表面に緑色の苔が生えていました。

山根夕佳山根夕佳

うわ~、屋根の上がすごく汚れていますね。
そもそも、屋根ってどんな種類があるんですか?

 

修三レッド修三レッド

屋根材は、瓦・金属・スレート・陸屋根と大きく分けて4種類あります。
今回のお住まいの屋根材はスレートと言い、粘土やセメントなどが主成分である薄い板状瓦です。
スレート屋根は軽量であり施工がしやすく、安価であるといったメリットから
現在、主流な屋根材の1つであり、多くの新築に使用されています。

この様な屋根材は、和瓦と異なり防水性を持たない為、上から塗装されています。

しかし、塗料の寿命は屋根材よりも短く、約10年前後が塗り替え目安とされています。

また、屋根は常に紫外線や雨風に晒されている事から、周りの環境に影響されやすく

10年経たずとも塗り替えが必要になるケースも珍しくありません。

塗料の耐用年数を過ぎた住宅では今回のような色褪せや汚れが目立ち始め、

屋根材が水分を吸収しが繁殖していきます。

 

苔が発生している屋根材が更に水分を含んでいくとひび割れ欠けが生じ

台風などの強風時に飛んでしまう可能性もあります。

また、ひび割れた箇所から屋根材の下、屋根の内部にまで雨水が浸透し

腐敗の進行や、酷い場合には雨漏れが発生する恐れがあります。

 

山根夕佳山根夕佳

今回のお住まいの屋根の様に、色褪せや苔の発生といった場合は
どのような工事が行われるのですか?

修三レッド修三レッド

今回は、雨漏りもなく劣化も軽度であったため、屋根の塗り替え工事で補修可能です。

屋根の塗り替え工事では、まず高圧洗浄をすることで苔や古い塗膜、汚れを綺麗に除去します。

仕上げに下塗り2回、中塗り・上塗り2回の合計4回の塗装をする事で

お住まいに重要な防水性や耐候性のみならず、美観も新築時のように綺麗になります。

また、塗り替えの際に塗料の色を変更することもできますので、

今までとは違う色で塗装をしイメージチェンジをしてみるのもいいですね!

 

修三レッド修三レッド

屋根の位置は高く、劣化に気付きにくいです。
しかし、外部の影響を受けやすく劣化しやすい場所でもあります。
今回のようなスレート屋根のお住まいであれば
新築時や前回塗装した時から、塗料の耐用年数である
約10年が経過した頃を目途に専門の方に診てもらうようにしましょう。

 

山根夕佳山根夕佳

修三レッドさん、ありがとうございました。
「春に3日の雨なし」といった言葉のような天気ですね。
春は陸の高気圧が弱まり、高気圧や低気圧が交互に通過するようになる事で
天気の周期が短く変わります。
こういう時期こそ体調を崩しやすいので、くれぐれもご自愛くださいね。