広島県広島市東区で塗装が剥がれた大手塀の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:大手塀塗装工事

使用材料:セラミシリコン他

築年数:25年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

大手塀全体にシミや埃などの汚れや塗装の剥がれが見られた為、大手塀の塗装工事を行いました。

塀や車庫などをはじめとするお住まいの外構は、外から見た時に一番最初に目に付く場所です。

あなたはどんなお住まいが綺麗だと思いますか?

まず、判断材料として思いつくのは外観の綺麗さではないでしょうか?

つまり、お住まいの雰囲気をお洒落にしたり、格好よく見せるには

玄関や門などの部分を綺麗にしておかなければなりません。

例えば、外壁塗装をして壁をピカピカにしたとしても

塀に苔が生えていたり、錆付いていると全体の見た目が悪くなりますよね。

外構も屋根や外壁と同様に風雨や紫外線に一年中晒されているので

メンテナンスを怠るとひび割れや塗装の剥がれなどの症状が現れます。

そのような傷みが現れる前に問題が無いか定期的に確認しておきましょう。

今回は大手塀の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずはブロック塀のひび割れている部分をモルタルと呼ばれる

石やタイル用の接着剤で補修します。

補修後は高圧洗浄機で塀にこびりついた苔や藻を落とします。

この時に使用する業務用の高圧洗浄機は高い圧力で水を放出するため、

勢いが強すぎると塀の表面を傷つけてしまいます。

塀が傷つかないように洗浄中は水圧を調整して作業を行います。

洗浄後、表面を完全に乾かした後、塗装作業に入ります。

下塗り塗料には水性ソフトサーフSGを使用しました。

この塗料は下地調整、下塗りの性能を持つので工期を短縮することができます。

また、古い塗膜の小さなひび割れ、巣穴などを一塗りでカバーするので

良好な仕上がりを得られることも特徴の一つです。

塀のように面積が広い場合は主にローラーを使って塗料を塗布します。

塗装中、気を付けなければ塗りムラや塗り忘れが出てきます。

施工後の美観にも影響してきますので、細心の注意を払いながら塗装していきます。

下塗り塗料が乾きましたら仕上げの塗装を行います。

水性セラミシリコンを中塗り、上塗り塗料として塗布します。

塗料は透湿性(内部の水蒸気を外に出す性能)の高い塗料を塗ると

施工後の膨れや剥がれを予防することが出来ます。

また、仕上げの塗りを2回行うことでローラーの塗り後の残りや

塗膜の層が厚くするなど美観や耐久性を高められます。

塗装が完全に乾きましたら、工事完了となります。

 

ブロック塀や大手塀などの外構に関する

ご依頼のほとんどが塗装の剥がれや膨れについてです。

なぜ、そのような症状が現れるかと言いますと

外構塀は地面や土の部分に接している場合が多く、水分を含みやすくなっているからです。

その水が内部に入ってしまうと塗膜とブロックの間が膨れたり、

塗装の密着率が悪くなるため、上記のような傷みが出ます。

定期的にメンテナンスを行うことで

お住まいの劣化は未然に防ぐことができるので、まずは専門家に相談しましょう。

 

ニュース映像風のCGを自由に作れるアプリ「再現CGメーカー」が

今SNSで話題となっています。

マンガやアニメの名シーンを再現できることが人気のポイントのようです。

操作も簡単で素材もいくつかあるようなので一度やってみたいですね。