広島県広島市安佐北区で錆びた屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:屋根塗装工事

使用材料:1液ファインウレタン他

築年数:35年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

屋根全体に錆が広がっていた為、屋根の塗装工事を行いました。

屋根は太陽光や雨の影響を直に受けるため、

メンテナンスを怠ると急激に劣化が進みます。

今回のような金属製の屋根も本来表面は塗装されていますが、

雨水や飛来物、アンテナの倒壊などで塗膜に傷が付き

金属がむき出しになることで錆が発生します。

錆を放置すると屋根材の腐食が進み、穴が開いてしまうので

雨水が内部に侵入しやすくなり、室内の雨漏りに繋がります。

金属製の屋根は塗料によって錆つきを防いでいます。

屋根の劣化を防ぐ為にも塗装が傷んでいないか定期的に確認しておきましょう。

今回は瓦棒屋根の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずはサンドペーパーやマジックロンという専用のたわしを使って

古い塗膜や錆を塗装前に落とす「ケレン」を行います。

表面に汚れが残っていると塗料の密着性が低くなりますので

念入りに塗装面を綺麗にしておきます。

屋根材の表面を綺麗にした後、錆止め塗装を行っていきます。

ローラーで屋根全体を塗りムラが出ないよう慎重に塗ります。

錆止め塗料は金属の表面に皮膜を形成し、

水や酵素を遮断・除去することで錆びや腐食を防ぐ役割を果たします。

この塗料は主に金属屋根や階段の手すり、鉄鋼構造物に使用されます。

錆止め塗装が完了したら、中塗り・上塗りを行います。

塗料は1液ファインウレタンを使用しました。

錆止め塗装と同様にローラーで塗料を丁寧に塗布します。

塗装工事では「下塗り、中塗り、上塗り」の重ね塗りが基本です。

耐久性を高める為に4、5回塗ることもありますが、

塗膜に厚みを持たせ、表面を強固にするためにも最低3回は塗装が必要です。

塗料が完全に乾きましたら工事完了です。

 

金属系の屋根材は施工がしやすく、価格もお手軽で

耐用年数が比較的長いことが特徴です。

また、屋根材の中には60年以上の耐久性を持つ素材もあります。

しかし、耐久性の高い屋根材でも一度錆ついてしまうと

劣化はどんどん進んでいくのでこまめな塗り替えが必要になります。

将来的なトータルコストを抑えたいという方は屋根の素材を

錆びにくいガルバリウムを選ぶことでメンテナンスをの回数を抑えることが出来ます。

屋根の補修にはこのように様々な工法があります。

どの工法があなたのお住まいに合っているか、判断が難しい所でもあります。

まずは、専門家に相談し現状を把握したうえで、お住まいにとって最適な補修方法を選択しましょう。

 

上智大学の研究チームが

猫は人間の言葉の中から自分の名前を認識している、

という研究結果を科学誌で発表しました。

私の飼っている猫は、名前を呼んでもなかなか反応してくれません。

呼ばれても気づかないふりをするのはきまぐれで猫らしいですね。