広島県広島市佐伯区で色褪せたモニュエル瓦屋根塗装のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根塗装工事
使用材料:強化プライマー、ナノシリコン他
築年数:32年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

モニュエル瓦に色褪せや苔が目立ってきていた為、瓦屋根の塗装工事を行いました。

モニュエル瓦はセメントと砂を主成分とする「乾式コンクリート瓦」を指します。

主成分が同じセメント瓦というのもありますが、モニュエル瓦はセメント瓦と決定的に違う部分があります。

それは「表面の処理」です。

モニュエル瓦には着色スラリーと呼ばれるセメント用の着色剤を厚く塗っており、

その上にアクリル樹脂系のクリアー塗料を塗っています。

その為、台風や豪雨等にも強い防水性があり、断熱性や耐震性も優れていることから

多くのお住まいで使用されている屋根材の一つです。

ただし、このモニュエル瓦には注意点があります。

それは、「塗り直し」です。

モニュエル瓦は先ほどお伝えした着色スラリーを厚く塗っている為、

瓦の表面には「スラリー層」と呼ばれる層があります。

このスラリー層を綺麗に取り除いた後に、塗装をしなければ塗料は定着しません。

モニュエル瓦の塗装には下地の調整が大切なんです。

今回はそんなモニュエル瓦屋根の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事前に足場の組み立てを行います。

足場は、屋根のような高所の工事をする時には欠かせないものです。

多くの屋根には勾配があり、足元が安定していません。

足元が安定しないまま工事を行っても、作業に集中できず施工の完成度も低くなってしまいます。

また、高所から落下すると大怪我をする危険性がありますので、

工事を行う職人の安全面においても重要です。

一部の業者の中には、足場代を浮かし工事費用を安く設定している会社や

ヘルメットを被らず高所に平気で上がるような工務店があります。

本当に足場が不要なのか、見積りの段階でしっかりと確認することが大切です。

足場を設置後、屋根の洗浄を行います。

モニエル瓦にとって洗浄は、塗料の密着性を高める為にも必要不可欠な工程です。

業務用の高圧洗浄機を用いて、屋根に付着した埃や砂、カビなどの汚れを落としていきます。

写真でも水を吹き付けているところと、まだ洗浄していないところとでは

色付きが変わってきていますよね。一見、あまり汚れていないように見えても、

いざ洗浄すると、この様に汚れがごっそりと落ちることは多いです。

高圧洗浄機で落とし切れない汚れは、

専用のブラシなどを用いてケレン掛けを行い手作業で落としていきます。

洗浄後、ひび割れや破損した瓦の交換など下地補修を行います。

下地の調整後、下塗りを行います。

下塗りでは浸透性に優れた塗料を用いて、瓦にたっぷりと染み込ませるように塗布していきます。

メインとなる塗料やモニエル瓦の耐久性を上げ、

短期間で剥がれないようにするために下塗りは欠かせません。

塗装の下地となる大切な工程です。

瓦と瓦の間など細かい箇所までしっかりと塗り込みます。

下塗り塗料が完全に乾きましたら、中塗り・上塗りを行います。

中塗り・上塗りは屋根のメインとなる塗料です。

今回は「ナノシリコン」を使用しました。

塗りムラ、塗り残しが無いように丁寧に塗布していきます。

上塗り塗料が完全に乾きましたら、工事完了となります。

すっかり色あせていた屋根が、綺麗なオレンジ色になりましたね。

今回依頼されたお客様も、新築に戻ったみたいだと喜んでおられました。

 

モニエル瓦に限らず、塗装前の洗浄・下地の補修は欠かせません。

しかし、洗浄した後の屋根は守る鎧の無い屋根材が剥き出しの状態ですから、

早めに塗装を行う必要があります。塗装にあった季節は春です。

梅雨に入ると、ジメジメとした湿気や雨が降ることで塗料が乾きにくくなり、

作業を中断することもあります。塗装に合った今だからこそ、

専門家に依頼をし、お住まいの屋根の現状把握を行いましょう。

 

3/29はカープの開幕戦がありましたね。

カープ対巨人で5-0と、ホームのマツダスタジアムで見事勝利をしました。

広島の誇りであるカープが勝利すると、広島全体が活気づき元気になりますね。

カープの活躍に元気をもらいつつ、私たちも頑張りましょう。