長期優良住宅化リフォーム推進事業(ちょうきゆうりょうじゅうたくかりふぉーむすいしんじぎょう)

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは住宅を長く大切に使っていく為、

リフォームで住宅の性能向上を図る場合、

その工事の費用に対し、国が補助金を支給するという制度です。

最大支給額は300万円と高額となっています。

主な要件には、耐久性・耐震性・省エネ性などをリフォーム向上させ、

維持管理がしやすい住宅性能の一定の要件を満たす、

リフォーム前にインスペクション(建物調査)を実施する等が挙げられています。

 

また、外壁や屋根の張り替えのみといったリフォームは補助の対象外となりますが、

耐震や省エネなどの長寿命化リフォームと合わせて工事を行うことで、補助の対象となる場合があります。