もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、もっと美味しく食文化藤崎です。
広島で有名な牡蠣、旬な季節と言えば「冬」を連想しますが、
実は春も牡蠣が美味しい季節って知ってましたか?

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
春も美味しい牡蠣が食べれるなんて、今からお腹が鳴ってしまいそうです。
今回は、先日お客様から「梅雨が来る前に屋根の悪いところがあれば修理したいと思っています」
とのご依頼を頂き、早速廿日市市で瓦が割れた屋根の補修リフォーム無料診断を行った様子をご紹介します。

屋根の上では、瓦が割れている箇所が数か所ありました。

寺本園子寺本園子

この状態のまま放置すると、どうなるのですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

放置してしまうと、瓦の下に敷いてある防水シートに直接紫外線や雨水が当たるようになり、
防水機能が低下してしまいます。
また、さらに症状が進行すると屋根の下地材に用いられる野地板にも雨水が浸透してしまい、
内部が腐食し雨漏りしてしまいます。被害の進行が進んでしまうと大掛かりな修理が必要になり、
修理費用も高額となってしまいます。

また、瓦割れだけでなく、雪止め瓦の破損も確認できました。

雪止め瓦は積雪地域などで雪の急激な落下を防ぐ為に使用されている瓦の事を指します。

本来であれば、お客様のお住まいの雪止め瓦も表面に輪っか形のものがあり、そこに雪が引っ掛かり

直接の落下を防いでいますが、劣化により破損していました。

 

お客様のお住まいはこれからの季節、雨が多いそうです。

梅雨の季節になる前に、適切な補修をしておくことが大切です。

 

寺本園子寺本園子

今回のような劣化の場合、どのような補修工事が行われるのですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

今回は屋根の瓦が全体的に劣化し、屋根の下にある下地が傷んでいた事もあり、
屋根全体の瓦葺き替え工事による補修となります。

寺本園子寺本園子

葺き替え工事とは、どんな工事を行うのですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

葺き替え工事では、一度既存の瓦を剥がし、新しい瓦を並べ直す工事を言います。
この時、瓦下にある防水紙や野地板を取り替えることが出来ますので、
今まで防水紙が雨水を吸っていたとしても、雨漏りの心配はありません。
お住まいの被害は小規模なものからどんどん進行が進んでいきます。
建物も人間と同じように早期発見・早期治療(修理)が大切なんです。

寺本園子寺本園子

藤崎所長、ありがとうございました。
世羅高原農場の毎年大人気のチューリップ祭が先週から開催されています。
今のところ週末のお天気は晴れのようです。
お出かけされて春を感じてみてはいかがでしょうか。
朝晩の気温差の違いで体調を崩されないようにお気を付けください。
どんな些細なことでも気になる事は、お気軽にご連絡ください。