介護保険のリフォーム補助金(かいごほけんのりふぉーむほじょきん)

介護保険のリフォーム補助金とは、要支援・要介護の認定を受けている方が、

手すりやバリアフリーなどの住宅改修を行う時、かかった費用の一部を支給してくれる制度です。

支給額は支給限度基準額(20万円)の9割(18万円)が上限となっており、

原則1人1回しか利用できません。

 

支給を受けるには、事前に申請手続きを行わなければなりません。

また、ケアマネジャーによる改修工事が必要な理由を描いた書面などが必要となりますので、

ケアマネジャーに相談して申請をするようにしましょう。

助成となる住宅改修の種類は、手すりの設置や段差の解消、洋式便器等への取り替えなどがあります。

住宅改修は起こりうる事故の防止に繋がるだけではなく、介護する側にも負担軽減となる等、

メリットも多く、利用する方が増えています。