ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは。今日は休肝日のハイボール竹本です。 今から80年以上前に、ビールだけで7年間生きた方がいたそうです。 お酒だけで生き延びたいとは思いませんが人間の身体ってすごいですね。

古市友莉奈古市友莉奈

こんにちは。古市です。 今回は広島県広島市中区で塗装が劣化した外壁の塗装工事を行いました。 まずは工事情報からご紹介します。

工事情報

工事名:外壁塗装工事 使用材料:プレミアムシリコン他 築年数:25年前後 【工事前】 【工事後】  

工事の様子

古市友莉奈古市友莉奈

今回はどのような劣化があったんですか。

ハイボール竹本ハイボール竹本

今回はチョーキング現象(外壁塗膜の傷みが傷んでいるサイン)や目地のひび割れ、塗装の剥がれなどの劣化症状がいくつか見られました。このような場合は塗装工事を行います。

外壁の工事には外壁の色を変える「塗装工事」と既存の素材を変える「張り替え工事」、 「重ね張り工事」の3種類があります。 塗装工事は雨や紫外線の影響を受け続けて劣化した塗料を剥がし、新たに塗装を行います。 張り替え工事は既存の外壁を撤去し、新しい外壁を張り付けます。 外壁内部に雨水が侵入して脆くなったり、 建物内に雨漏りが発生した場合は, 重ね張り工事を行います。 重ね張り工事は張り替えと違い、既存の外壁の上から新しいものを張り付けるため、 張り替えるよりは安価に工事を行えることが特徴です。
ハイボール竹本ハイボール竹本

どの工事が必要になるかは外壁の劣化症状によって異なります。 外壁にカビや藻が発生している程度であれば塗装工事で補修することができますが、 建物内部まで雨漏りが進行している場合は塗装や重ね張りではなく、 張り替え工事が必要になる場合もあります。 そうなると工事費用も高額になるので傷みの具合が小さい内に対処しておきましょう。

古市友莉奈古市友莉奈

今回は外壁の塗装工事を行いました。

まずは足場と塗料や洗浄水の飛び散りを防ぐ保護シートを設置し、 高圧洗浄機で塗装を行う箇所の洗浄を行います。 洗浄で落ちない汚れは薬剤を使用して取り除きます。 今回のようにチョーキング現象が見られる外壁の場合は 新たに塗装を行う際に古い塗膜が邪魔になり、早期剥がれの原因になるので カビや錆、旧塗膜をしっかり除去しておくことが重要になります。 洗浄後は外壁表面を乾燥させ、ひび割れや目地の補修を行います。 ひび割れの幅が0.3㎜未満であればシーリング材などの補修材を亀裂に流しこみますが、 それ以上の大きさであれば補修材が奥まで入らないので 電動工具で20㎝程溝を作ってから補修します。
古市友莉奈古市友莉奈

ひび割れは何が原因で発生するんですか?

ハイボール竹本ハイボール竹本

外壁のひび割れは地震や塗料の経年劣化や外壁表面が乾燥することで発生します。 ひび割れを放置していると雨水が侵入し、建物内部が腐食してしまうので 亀裂を見つけたらできるだけ早めの補修を行いましょう。

表面の下地処理が終わりましたら塗装工程に入ります。 外壁塗装工事は下塗り→中塗り→上塗りの計3回の塗装が必要です。 まずは下塗り塗料を塗布し、外壁材と塗料の密着性を高め色ムラの発生を防ぎます。 下塗り後は仕上げ用の塗料「プレミアムシリコン」を2回に分けて塗装します。 複数回重ねて塗装を行うと外壁表面に色や艶を出すだけでなく、 剥がれにくく、外気や雨水の侵入を防ぐ丈夫な外壁塗膜を作ることが出来ます。 塗装工事においては3回塗りだけでなく、乾燥時間も重要です。 塗料が完全に乾いていない状態で重ね塗りを行うと塗料が本来もつ性能を 最大限引き出すことはできません。 塗装後は塗料をしっかり乾燥させ、工事完了となります。
古市友莉奈古市友莉奈

塗装し直したことで外壁の色が元通り綺麗な色になりましたね。

ハイボール竹本ハイボール竹本

戸建ての住宅は定期的な塗装が必要になります。 塗装の役割は風雨や紫外線から住宅を保護することです。 塗料の膜が鎧となり、自然環境から家を守っていますが、この鎧は永続的ではありません。 どんなものにも寿命があるように外壁の塗装も時間が経つごとに劣化していきます。 定期的な塗装を行って住宅を守りましょう。

古市友莉奈古市友莉奈

竹本所長、ありがとうございました。 佐賀大学医学部の研究チームが皮膚の細胞を使って3Dプリンターで人工血管を作成し、 人工透析の患者に移植するという臨床研究計画を申請したそうです。 このような研究をもとに難病克服の道が開けるといいですね。 塗装の剥がれや色褪せなどの症状が出る前にまずは外壁の診断から始めましょう。 小さなことでも構いません。お気軽にお問合せ下さい。