山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは。ご飯よりもパンが好きな山﨑春のパンまつりです。 新築・不動産部を担当していますが、建築の事なら何でも聞いてください。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。 今回は、広島県広島市安佐北区でブロック塀の工事を行いました。 まずは、工事情報からご紹介します。

工事情報

工事名:外構工事 築年数:30年前後 【工事前】 【工事後】 工事の様子
山根夕佳山根夕佳

山崎部長、今回の住居はどのような 劣化があったのですか?

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

外構のブロック塀が古くなり、苔が生えていました。 このような場合は、ブロック塀の積み替え工事を行います。

目隠しまたは隣家との境界としてブロック塀を設置する方は多くいらっしゃいます。 ブロック塀が外構に選ばれる理由としては 擁壁(コンクリート製の壁)に比べて安価であり、 また、表面に柄や色の入ったブロックを使えば 見栄えのある外観を演出できるからです。 しかし、ブロック塀はコンクリートの壁に比べて耐久性が劣るため、耐久年数は約30年程となっています。 「30年」というのはあくまでも日頃からメンテナンスを行った上での期間であり、 手入れを怠っていると10年程で倒壊する恐れがあります。
山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

ブロック塀は劣化すると中に入っている鉄筋がさび始めます。 鉄筋が傷むと塀の強度弱まり、地震などが起きた際に倒壊してしまうこともあります。 そうなる前に定期的に状態を確認し、ひび割れや剥がれなどがあれば専門家に修理してもらいましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回はそんなひび割れたブロック塀の積み替え工事の様子をご紹介します。

  工事開始です。 まずは住居まわりのブロック塀と植木を撤去し、 新しくブロック塀を設置する基礎となる場所を掘り下げます。 土を取り除いた後は砕石を敷き、転圧(振動を与えて土を締め固める作業)をして ブロック塀が傾いてしまわないように強固な地盤を作ります。 基礎を整えたらブロックを設置していきます。 くぼみの部分にモルタルを詰め、鉄筋を差し込みます。 モルタルはセメントと砂を水で練ったもので ブロック同士を接着したり、鉄筋が水や空気に触れるのを防ぐ役割があります。 モルタルは圧縮する力に優れていますが、引っ張る力には耐性が無いので 中に鉄筋を入れて地震の揺れや強風などで倒れないよう補強しなければなりません。 モルタルを塗ってブロックを積む作業を繰り返し行います。
山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

強度をしっかりと高める為にはこの工程を丁寧にしておかなければなりません。 イメージとしてはプラモデルを作る感じです。 接着剤で部品同士を接着しないと衝撃を加えた時にバラバラになっちゃいますよね。 それと同様にブロック塀もモルタルでつなぎ合わせておくと耐久性が向上する為、 地震などの衝撃を受けても最小限の破損で済みます。

山根夕佳山根夕佳

ブロック塀は安全性を高める為に施工時にしっかり固定しなければいけないんですね。

ブロックを全て積みましたら工事完了です。
山根夕佳山根夕佳

新しくブロック塀を積みかえたことで綺麗な外構になりましたね。 外構をリフォームすることは住宅の美観や安全の面でも大切です。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

ブロック塀はプライバシーの確保や防犯、防火などにおいて私たちの生活に役立っています。 しかし、地震大国である日本においては長期間設置されているブロック塀の安全性が問題となっています。 昨年は、大阪地震の際にブロック塀が崩れ、被害者も出てしまいました。 「うちは大丈夫だろう」と過信していると予期せぬことで事故を起こす場合もあります。 日頃から傾きや破損などがないか確認し、定期的に専門家にメンテナンスを依頼しましょう。

山根夕佳山根夕佳

山崎部長、ありがとうございました。 100年に1度咲くと言われる竹の花が横須賀市の民家で咲き始めたそうです。 竹の花が咲くと天変地異が起こるという言い伝えがあるみたいですが、開花した姿も見てみたいですね。 まずはブロック塀の現状把握から始めましょう。お気軽にお問い合わせください。