グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グルメ情報ならお任せあれ、グレイト石川です。
某コンビニで大きなどら焼きが発売されて、話題になっているのはご存知ですか?
あんこがぎっしり詰まっていておいしいですよ!

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
知らなかったです!これからの時期は冷やして食べるのもおいしそうですね。
今回は、先日お客様から
「外壁がひび割れて浮いている箇所があります。
気になるので見に来て頂けませんか?」
とのご依頼を頂き、早速広島市佐伯区へ屋根のリフォーム診断を行いました。

写真から分かるように、外壁にひびが入り塗膜が下地から浮いていました。

また、外壁を手で触ると白い粉状の塗料が付着しました。

今回のような外壁は、モルタル外壁と言います。

近年、新築で主流となっているサイディング外壁と異なり継ぎ目がないことから、

隙間を埋めるシーリング材の劣化の心配がなく

その分メンテナンス費用も掛かりません。

しかし、表面は塗装をする事で仕上げられる為、

塗料の耐用年数である約10年が経過する頃になると様々な不具合が見られ始めます。

今回見られたような外壁の粉状の塗料が手に付着する事を

チョーキング現象と言います。これは劣化の初期症状であり、

直ちに補修が必要という状況ではありませんが劣化が始まっているサインです。

小田切美恵小田切美恵

触るだけなので、誰でも簡単にできますね!

グレイト石川グレイト石川

そうなんです。梅雨前の穏やかな気候の今のうちに是非確認してみて下さい!

チョーキング現象から更に塗料の劣化が進行することで

塗膜のひび割れや浮き、更に塗膜の剥がれが生じます。

下地材の主成分、セメントには防水性がありません。

このままの状態で放置してしまうと下地にどんどん水分が浸透していき、

湿気が発生する事で人体にも悪影響であるカビの発生や

脆くなり、下地ごと外壁が剥がれ落ちてしまいます。

住宅にとって大きなダメージを与える可能性があるのです。

例えば、虫歯も症状が軽い内であれば

虫歯部分を削り、詰め物をする事で治療が終わりますが、

重症であれば、抜歯や神経を抜く治療が必要となります。

人間の体と同じで、住宅や今回のような外壁も軽症であれば、

表面の塗装の塗替え補修で済みますが、

重症になれば、下地や構造体からの大規模な補修が必要となります。

グレイト石川グレイト石川

外壁のみでなく住宅の劣化は早期発見・早期補修が重要です!
定期的に専門家の目でチェックしておきましょう。

小田切美恵小田切美恵

石川監督、ありがとうございました。
本日、5月9日はアイスクリームの日だそうです。
日中は太陽が眩しく、夏のような暑さなので
アイスを食べて、リフレッシュするのもいいですね!
些細なことでも構いません、お気軽にご連絡ください。