クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
カープがやってくれましたね。15日のナイターは、逆転のカープが帰ってきたって感じました。
これからも熱い声援をしていきましょう。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
テレビ中継が途中で終わってしまったのでてっきり負けたと思っていたら、逆転勝利!
思わず声を上げて喜んでしまいました。これからのカープにも期待したいですね。
先日、お客様から
「ここ何年も屋根のメンテナンスをしていません。
今どんなに状態になっているのか心配なので一度見て貰えませんか」
とご連絡を頂き、笹木監督と広島市安佐南区で塗装が剥がれた屋根の無料診断を行いました。

写真で見て分かるように、

屋根全体が色褪せし、錆が目立っていました。

また、錆によるひび割れや穴も開いていました。

クリクリ笹木クリクリ笹木

濱本さんは瓦棒屋根って知っていますか


濱本葉子濱本葉子

瓦棒屋根・・・。瓦屋根とは違うんですか。


クリクリ笹木クリクリ笹木

瓦棒屋根とは、屋根の斜面に沿って約45cm~60cmごとに
「瓦棒」
「板」が交互に並んでいる屋根を指します。


濱本葉子濱本葉子

工場とかによく使われている屋根ですね。

金属板を葺く際に用いられる工法で、

角棒状の芯木と呼ばれる角材に金属板を巻きつけて釘で固定するのが特徴です。

つなぎ目が少ないため雨漏りに強く、ゆるやかな傾斜角度でも施工が可能なことから

戦後多くの住宅に用いられました。

しかし、金属を用いた屋根は断熱性や防音効果が低く、

夏は暑く雨の日は雨音が跳ねると響くといったデメリットがあります。

多くの金属屋根には表面塗装がされています。

その為、日々の紫外線や雨の影響を受けやすく、

5年~10年程度で色あせや塗膜はがれが発生してしまう事もあれば、

激しい温度変化が変色・退色のスピードを更に速めて錆が発生してきます。

さびが発生すると、今回のようにひび割れや穴が空いてしまいます。

瓦棒葺きは等間隔に並んだ瓦棒が雨を流れやすくしている反面、

瓦棒の下にある垂木が雨水を吸水しやすい構造となっている為、

垂木が雨水などを吸水し続け次第に腐食してしまい、屋根材が浮き上がってしまう恐れがあります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

色あせが見られたら表面を再塗装することで、屋根の使用期間を延ばすことができます。
しかし、屋根面の剥がれや酷い劣化だと、
穴やひび割れ等の隙間から内部が雨漏りする可能性があります。
雨漏りしてしまうと、内部の修理も必要になる為工事内容も増えてしまいます。
雨漏りする前に専門家に相談して早めのメンテナンスを心掛けましょう。


濱本葉子濱本葉子

笹木監督ありがとうございました。
ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念して、
「JR九州 Waku Waku Trip 新幹線」が18日から
博多駅~熊本駅~鹿児島中央駅で運行されます。
イエローをベースに、ミッキーマウスが旅をとおして体験する
「いざなう」「冒険する」「眺める」「見つける」「楽しむ」を
キーワードにしたアートを散りばめ、
「ミッキーマウスと一緒に夢と希望の物語を探しにいく」デザインとなっているそうですよ。
是非この週末はご家族で九州新幹線の旅に出かけてみるといいかもしれませんね。
お住まいの事、お気軽にお問い合わせください。