グレイト石川グレイト石川

こんにちは。グレイト石川です。
広島が生んだスター歌手の西城秀樹さんが亡くなられて
早いもので1年が経ちました。


根石絵美根石絵美

こんにちは。根石です。
早いですね。もう1年になるんですね。
西城さんの「ヤングマン」や「Y・Ⅿ・C・A」が大好きでよく口ずさんでました。
先日、お客様から
「最近屋根から白い破片の様なものがポロポロ落ちてきます。心配なので見て頂けませんか。」
とご連絡を頂き、石川監督と広島市東区で漆喰が剥がれた瓦屋根の無料診断を行いました。

写真から分かるように、漆喰が剥がれ中から赤土が出ています。

更に、棟の部分の瓦を止めている針金も切れていていました。

グレイト石川グレイト石川

漆喰は石灰が主成分の白い粘土状のものを指します。

漆喰には、撥水性があり、主に屋根の一番上の練部分の瓦と瓦の間にできた隙間を埋める役割をしています。

瓦の隙間を埋めることで雨風を防ぎ、また瓦がずれるのを防いでくれています。

漆喰は瓦の接着剤の役割を果たしているのです。

また、漆喰は美しい白色をしています。

瓦屋根に使用されることで、日本瓦と漆喰の白さが組み合わさり非常に美しい外観が出来上がるのです。

漆喰の歴史は古く、はるか5千年前エジプトのピラミッドの壁に使われていたそうです。

日本では、千葉市の貝塚から約4000年前の漆喰が発見され、

縄文時代から使われていたことが分かっています。

瓦自体の寿命は40年~50年と言われています。

しかし、漆喰は瓦よりも劣化スピードが早く、

20~30年で漆喰の剥がれや崩れなど目に見える劣化症状が見られるようになります。

漆喰が劣化してしまうと、瓦の固定力が弱まり、

棟部の漆喰が剥がれ奥にある葺き土が露出してしまいます。

その隙間から雨水が染み込んで雨漏りの原因にもなります。

また、固定力が弱まると強風時や地震の際に、棟瓦がズレたり崩壊してしまう恐れもあります。

グレイト石川グレイト石川

屋根の上は普段目視できな場所です。
その為、漆喰の劣化は気が付きにくい部分となり、
気がついたら雨漏りが始まっていたというケースも珍しくありません。
雨漏りする前に、定期的なメンテナンスを行いましょう。


根石絵美根石絵美

石川監督、ありがとうございました。
さわやかな日、汗ばむ日、肌寒い日、5月の気候はきまぐれですね。
梅雨の季節も近づいてきました。体調には十分にお気をつけください。
お家のこと、お気軽にご連絡ください。