恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは。今日もカープの野間選手に似ていると言われた亀岡です。


根石絵美根石絵美

こんにちは。アシスタントの根石です。
今回は、広島県広島市西区で漆喰が剥がれた
屋根の補修リフォーム工事を行いました。
まずは、工事情報からご紹介します。

 

工事情報

工事名:瓦屋根補修工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

根石絵美根石絵美

今回はどんな工事を行ったのですか?

恩返し亀岡恩返し亀岡

屋根の漆喰にひび割れや剥がれなどの傷みが目立っていたので
屋根の漆喰補修工事を行いました。

 

屋根の漆喰とは、瓦屋根の棟部分に見られる白い部分を指します。

この漆喰は雨風の侵入を防ぎ瓦がずれるのを防ぐ、接着剤のような役割を果たします。

漆喰自体は屋根のみではなく内壁や外壁にも用いられており、

昔は姫路城などのお城にも使用されていました。

この様に様々な場所で使われている漆喰ですが、年月が経過することで徐々に劣化していきます。

劣化した漆喰は台風などの強風や地震による揺れで

ひび割れたり、剥がれてしまうことがあります。

恩返し亀岡恩返し亀岡

漆喰はあまり目立ちはしませんが、
屋根を守る重要な役割を果たしています。
剥がれやひび割れなどの症状が見られたら専門家に相談しましょう。
早期発見が屋根を長持ちさせることにつながります。

根石絵美根石絵美

今回は漆喰が剥がれた瓦屋根の補修工事の様子を
ご紹介します。

工事開始です。

作業開始前に足場を組み、作業を行う職人さんの安全を確保します。

足場設置後は表面の古い漆喰を専用の工具で丁寧に漆喰を崩し、

下にある葺き土はそのまま残しておきます。

根石絵美根石絵美

葺き土とは何ですか?

恩返し亀岡恩返し亀岡

上の写真の土が「葺き土(ふきつち)」です。
葺き土は瓦がずれない様に敷く土のことを指します。
この土が葺き土の表面滑らかになっていないと漆喰が塗りにくくなり、
厚みにムラができてしまいます。下地の表面は平滑にしておくことが大切です。

 

葺き土の表面を整えたらさらに密着率を高めるためにスプレーで濡らします。

この土は年月が経過すると粘土状からサラサラした砂のようになります。

そのような状態になると漆喰との間に隙間ができてしまい、

雨水が内部に入り込むので雨漏りの原因になります。

その為、漆喰を塗り替える際は葺き土が劣化していないかも確認しておきます。

漆喰を撤去した箇所に新しい漆喰を詰めます。

隙間無く、漆喰の量が均一になるように塗ることで雨水の侵入を防ぎます。

塗付後は専用のコテで漆喰の表面を整えます。

漆喰は葺き土が雨で流れないように防水する役割を果たしますが、

時間が経つとひび割れたり、剥がれてしまうことがあります。

普段目に付きにくい場所ですが、雨漏り等の被害を防ぐ為に

定期的に傷んでいないか確認しておきましょう。

漆喰を全て詰めなおしたら、工事完了です。

根石絵美根石絵美

漆喰を詰めなおしただけでも
外観の印象がぐっと良くなりましたね。

恩返し亀岡恩返し亀岡

住居は10年、20年と経つごとに少しずつ老朽化が進んでいきま
す。例えば、屋根であれば錆や苔が発生したり、
屋根材のひび割れ、塗装の色褪せなどの症状が見られるようになります。
このような劣化は一般的に10年以上経つと発生する為、
築10年から15年の住宅は屋根が傷んでいないか注意しなければなりません。
私たちが定期的に健康診断を受けるように
屋根も定期的なメンテナンスが必要なんです。
傷みの症状が小さなうちに適切な対処を行えば、
工事費用を安く抑えることができるので金銭的にもお得ですよね。
屋根は住宅を守ってくれる大事な部分なので小さな劣化でも軽視せず、
早めのメンテナンスを行うようにしましょう。

根石絵美根石絵美

亀岡さん、ありがとうございました。
タイガー・ウッズの「マスターズ」制覇により、
ウッズ仕様モデルのゴルフボールの注文が殺到しているそうです。
栄光の陰には、日々の努力を感じてしまいますね。
屋根の現状を把握しておくと安心できますのでお気軽にご連絡下さい。