阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
最近孫がアイスを食べている姿をよく見ます。
暑くなってきたから美味しいんでしょうね。


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
冷たいアイスが美味しい季節になりましたね。
私も最近よくアイスを買うようになりました。
今年も色んな種類のアイスを食べたいですね。
今回は先日お客様から
「これから梅雨に入るので屋根が心配です。見に来てもらえませんか。」とご依頼があり、
早速瓦屋根の無料診断を行いました。

写真から、のし瓦の下の漆喰がひび割れていることが分かります。

こちらでは、漆喰にカビが生えていました。

漆喰は今回のような瓦屋根以外に、

漆喰が持つ調湿効果などを利用し外壁や内壁などにも用いられています。

浅田愛美浅田愛美

瓦屋根における漆喰の役割とはなんですか?


阿部でございます阿部でございます

漆喰は主に棟部分の瓦同士をつなげる役割をしています。
瓦の隙間を埋めて瓦のずれを防いだり、雨水が入らないように防いでくれています。
漆喰は瓦屋根の接着剤と言えるのかもしれませんね。

この様に漆喰は瓦屋根における様々な役割がありますが、

普段、雨風や紫外線に晒されている分劣化するスピードも速くなります。

漆喰のひび割れや剥がれ、瓦がずれが見られる場合は

漆喰が劣化し本来の役割を果たせていない証拠です。

また、漆喰の劣化が原因で雨漏れが起こることもあります。

ただ雨漏れは屋根材や外壁の劣化によっても発生することがありますので、

安易に判断せず、専門の業者に見てもらいましょう。

浅田愛美浅田愛美

漆喰が傷んだ場合、どのような修理が行われるのですか?


阿部でございます阿部でございます

漆喰の工事は、
漆喰の詰め直し工事、棟の積み直し工事の2種類あります。

今回のように、漆喰の傷みがひび割れや剥がれといった軽度の場合、

古い漆喰を撤去し、新しい漆喰を塗り直す、「漆喰の詰め直し」を行います。

漆喰の傷みが重度だった場合には、棟自体を積み直す「棟の積み直し」となります。

費用や工事期間も大きく変わってきますので、早めの修理を心掛けましょう。

漆喰をはじめとした屋根の劣化症状は普段確認が難しい分、

症状が悪化してから気付く、といったことが多くなります。

阿部でございます阿部でございます

劣化の早期発見をする為には、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
雨が降る梅雨の時期を迎える前に、屋根の診断をして不安を解消しておきましょう。

浅田愛美浅田愛美

阿部さん、ありがとうございました。
日中暑い日が続いています。朝との気温差もありますので、
体調管理に十分お気を付けください。
家のことで悩みや相談はありませんか?
大切な家のことは私たちへご連絡下さい。