山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは。山崎春のパンまつりです。
パン屋さんで見かけるクロワッサンですが、クロワッサンの意味は知っていますか?


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
クロワッサンはバターが多いので、バターに関する由来でしょうか?


山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

うーん、残念。クロワッサンの形を思い出してみてください。
答えは「三日月」です。フランス発祥なんですよ。


小田切美恵小田切美恵

そうなんですね。
クロワッサン大好きなので、今度買う時は形もよく見てみようと思います。
今回は、カラーベスト屋根塗装リフォーム工事をご紹介します。

 

工事情報

工事内容:屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:37年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

小田切美恵小田切美恵

今回の屋根はどんな状態だったんですか?

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

屋根の塗装が剥がれ色褪せが目立っていた為、屋根の塗装工事を行いました。

一般の住宅で多く使用されている屋根材の一つが、「カラーベスト屋根」です。

カラーベスト屋根の場合、

築10年前後で屋根の上に苔や藻などの付着が目立ち始めます。

瓦屋根と異なり、施工の際は塗料を塗り、防水性や耐久性を高めています。

しかし、屋根は日々強い日差しや雨風の影響を受けており、

少しずつダメージを受けています。

その為、経年劣化により屋根表面の塗料が剥がれたり、

埃などが付着しやすくなります。

屋根の劣化を放置すると、

塗料が剥がれた箇所やひび割れた箇所から雨水が入り込み、

雨漏りなどの被害に繋がる可能性があります。

屋根の劣化が見られる様になったら、早めに専門家に相談しましょう。

 

工事開始です。

塗装前に、屋根に付いた埃や汚れを高圧洗浄機で洗い落としていきます。

業務用の高圧洗浄機を使用することで、

一般用よりも強い水圧で洗浄することができます。

洗浄後は、専用のブラシを用いてけれん掛けを行い、

手作業で錆びや苔を落としていきます。

洗浄後、1回目の塗装を行います。

屋根の塗装は下塗り2回、中塗り・上塗りの計4回行います。

今回は下塗り塗料に「パワーシーラー」を使用しました。

下塗り塗を塗ることで、屋根の表面を整えるだけでなく、

次に塗装する中塗り・上塗り塗料と屋根材の密着性を向上させます。

塗料の耐久性を考慮する上で欠かせない工程です。

下塗り塗料を塗り終りましたら、棟・ケラバに錆止め塗料を塗っていきます。

金属の敵は錆です。錆が付着することで、錆びた箇所から穴が開き、

内部が雨漏りする可能性があります。

屋根材とは別に、鉄部である棟部分やケラバ部分に錆止め塗料を塗り、

錆の発生を抑えます。

錆止め塗料を塗り終えた後、再度下塗りを行います。

2度塗ることで、耐久性を向上させます。

下塗り塗料を塗り終えた後、タスペーサーを差し込みます。

カラーベスト屋根等では、

屋根材に雨水の排出や通気性の確保を目的として「溝」が作られています。

しかし、屋根の塗装を行う際に塗料がこの溝に入り込み塞いでしまいます。

これらを防ぐ為に、下塗り後は「タスペーサー」を差し込み、隙間を確保しています。

次に、中塗りを行います。

一般に中塗りと上塗りに使う塗料は同じものを使用します。

今回は「ナノシリコン」を使用しました。

同じ塗料を重ね塗りすることで、色ムラや塗り残しを防ぎます。

中塗り塗料が乾きましたら、上塗りに入ります。

外観にも大きくかかわってきますので、丁寧に塗っていきます。

屋根の端等、ローラーで塗るのが難しい場所は刷毛などを使用して塗っていきます。

塗料が完全に乾き、色ムラや塗り残しがないか

最終チェックが終わりましたら、工事完了となります。

 

今回の工事では、下塗り後に「タスペーサー」を差し込みました。

このタスペーサーを差し込む以外にも、

塗装後にカッターで切り込み、隙間を作る「縁切り」という作業を行う場合もあります。

しかし、カッターでひとつずつ「縁切り」を行うには、

手間や時間もかかり、綺麗に塗装した後に作業する為屋根の上が汚れる可能性があります。

このようなことを防ぐ為、タスペーサーを使用することも多くなりました。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

ただ、タスペーサーは必ず必要ということではない為、
設置の際は専門家と相談しつつ、ご自宅にあった施工を行いましょう。

 

小田切美恵小田切美恵

山崎部長、ありがとうございました。
熊本県でホタル祭りが開催されています。
綺麗な水にしか生息しないホタルですから、見れる場所も限られてきますが
その光に癒されてみるのもいいですね。
屋根に限らず住宅のお困りごと、お気軽にご相談ください。