中本かおり中本かおり

こんにちは、中本です。
令和になって一ヶ月経ちましたね!
10連休から始まったので、
なんだかあっという間でした。


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
書類などでもつい「平成31年」と書きそうになってしまいます・・
早く馴染みたいですね!
今回は、先日お客様から
「窓の下の外壁にひび割れが入って、剥がれています。
心配なので1度見に来て頂けませんか?」
とのご依頼を頂き、早速広島市佐伯区へ外壁のリフォーム診断を行いました。

写真から分かるように、窓の下の外壁の大きなひび割れが入り

そこから塗膜が剥がれて浮いています。

また、ご自宅を支える基礎部分にも欠けている箇所がありました。

小田切美恵小田切美恵

外壁が写真のように剥がれて浮くことがあるんですね。
これは何という外壁なんですか?

中本かおり中本かおり

このような種類の外壁をモルタル外壁と言います。
モルタルという主成分がセメントである下地の上から、塗装をして仕上げられます。
様々なデザインでの施工が可能であり、その意匠性などから
1980年代までトップシェアであった人気の外壁材なんですよ!

しかし、塗料の耐用年数である10年が経ってしまうと、

塗料が薄くなったり、

今回のように塗膜がひび割れるなどの不具合が見られ始めます。

特に窓の下は、開閉時の振動で傷みやすいポイントです。

ひび割れが起き、ひび割れた隙間から空気や雨水が入り、

外壁の表面が剥がれて浮いてしまったと考えられます。

中本かおり中本かおり

今は下地が雨水を含んでいる状態なので、
放置すると脆くなり、下地ごと剥がれ落ちる可能性があります。

また、基礎のひび割れ・剥がれは住宅の傾きの原因になりますし

大地震などが発生した際には、最悪の場合倒壊してしまう可能性もあります。

中本かおり中本かおり

住宅にとって外壁の塗膜・基礎のひび割れ、
どちらの傷みも耐水性や耐震性などの機能の劣化に繋がります。
劣化が進行している程、工事内容も大きくなり
コストも掛かる大規模な工事が必要となります。
傷みを発見したら早めに専門の方に見てもらい、住宅の健康寿命を延ばしましょう。

小田切美恵小田切美恵

中本さん、ありがとうございました。
明日から6月ですね!天気予報を見てみると、
来週広島では傘マークが多くなってきました。
早い内に掃除や洗濯をして、気持ちよく梅雨を迎えようと思います。
お住まいの事でしたら、なんでもお気軽にお問い合わせください。