修三レッド修三レッド

こんにちは、カープが勝って上機嫌の修三レッドです。
昨日のカープの試合はハラハラドキドキの連続でしたが、
勝って本当に良かったですね。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
そうですね。私もドキドキしながら見てました。
これからもカープの活躍が楽しみですね。
先日、お客様から
「家を建ててから今まで屋根のメンテナンスをした事がありません。
これから梅雨を迎えるので気になっています。一度確認してもらえませんか」
とご連絡を頂き、早速広島市安佐北区で漆喰がひび割れした瓦屋根の無料診断を行いました。

写真で見て分かるように、

屋根の漆喰部分にひび割れや黒い汚れが付着しています。

棟の瓦がズレている箇所やカビや苔が発生している箇所もありました。

屋根の頂点には瓦を何段も重ねて積んでいる「棟」があります。

棟を積む際に周りを固定する土を葺き土と呼んでいます。

葺き土が露出した状態だと雨水が当たってしまい、土が流れ出てしまいます。

次第に瓦のズレや崩れが発生してしまいます。

これらを防ぐ為、葺き土の外側に漆喰を塗り、雨が当たるのを防止しています。

また漆喰には接着剤のような効果もあり、瓦と瓦を固定しています。

漆喰はもともと調湿性があり、水分の吸収・放出をしています。

漆喰は長い間風雨と温度変化に晒される為、

月日が経つにつれ徐々に漆喰が傷み、ひび割れていきます。

漆喰が剥がれると剥がれた部分から雨水が入り込み、

内部が雨漏りする原因となります。

また、瓦が固定されず動き出すことによって、瓦同士の衝突により破損してしまったり、

強風などで屋根の下へ落下する危険もあります。

修三レッド修三レッド

屋根の上は高所にある為、
普段目にすることがなく、傷みの発見が遅れてしまいやすい場所です。
漆喰はお住まいの中でも、特に気が付きにくい部分です。
雨漏りに気づく前に専門家に相談し、定期的なメンテナンスを行いましょう。


濱本葉子濱本葉子

修三部長、ありがとうございました。
東広島で新酒の利き酒が行われました。
出品された新酒は857点と、
今年も東広島のお酒が楽しめそうですね。
外壁や屋根、水廻りなどお気軽にご相談ください。