梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。
お茶を出されたとき、表面にホコリみたいなものが浮いている時ってありませんか?


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
あります!なんだろうと思いながら飲んでますよ。


梅田グリーン梅田グリーン

実はこのホコリのように見えるものは
毛茸(もうじ)と呼ばれるお茶の産毛なんです。
だから、この毛茸がある時は
品質の高い新茶を淹れて頂いた、という事なんです。


浅田愛美浅田愛美

なるほど。見た目からでも相手の気遣いが見えるんですね。
今回は、広島市中区でひび割れや色褪せが見られる外壁の
塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:28年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

浅田愛美浅田愛美

今回の外壁はどんな状態だったんですか?


梅田グリーン梅田グリーン

外壁にひび割れや色褪せといった症状が見られたので、外壁の塗装工事を行いました。

外壁塗装に適した時期はいつかご存知でしょうか。

一般的に3~5月(春)と9~11月(秋)と言われていますが、

ご自宅周辺の環境や気候・天気によっても変わってきます。

その為、外壁塗装を行うタイミングは上記の季節にとらわれず、

外壁の劣化サインが出ている時に行いましょう。

しかし、その為にはあなたが外壁の劣化症状を知っておかなくてはいけません。

外壁の劣化サインは屋根や床下などの目の届きにくい場所に比べ、

誰でも簡単に見つけやすいという特徴があります。

しかし、どの程度劣化すれば塗装のタイミングかを判断するのは難しい為、

劣化のサインを見つけたら早めに専門家に相談しましょう。

 

工事開始です。

塗装前に外壁全体に付着した汚れや埃を落としていきます。

業務用の高圧洗浄機を使用し、

強い水圧で一気に汚れを落としていきます。

洗浄後は、下地の補修を行います。

まず外壁材と外壁材の間のシーリング(コーキング)部分を補修します。

古く傷んだシーリングを取り外し、新しいシーリング材を充填していきます。

その先に、周辺にシーリング材が付着する可能性がありますので

予め周りをマスキングテープなどで保護(養生)します。

また、ひび割れた箇所などもこの工程の時に補修します。

下地調整後、下塗りを行います。

外壁の塗装工程は計3工程で、下塗り→中塗り→上塗りの順番に行います。

下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

メインの塗料を塗る前に下塗り塗料を塗ることで、

外壁材の表面を整え、中塗り・上塗りの塗料と外壁材の密着性を向上させます。

また、中塗り・上塗りに用いられる塗料は必ずしも外壁材に良いわけではありません。

下塗り塗料を塗ることで、塗料の染み込みを防ぎ、

外壁の耐久性を上げているのです。

下塗り塗料が完全に乾きましたら、中塗りを行います。

基本的に中塗り・上塗りで用いる塗料は同じものです。

今回は「プレミアムシリコン」を使用しました。

中塗りをすることで下塗り塗料を隠し、

下塗り塗料と上塗り塗料の密着性を向上させます。

中塗り塗料が完全に乾いた後、上塗りを行います。

上塗りは施工後の完成度にも大きく影響します。

中塗りで出来た気泡や塗りムラを塞ぎ、

塗膜に厚みを持たせ外観を綺麗に整えます。

塗料が完全に乾いた後、

気泡や塗りムラがないか最終チェック後、工事完了となります。

 

外壁劣化のサインには以下のようなものがあります。

・チョーキング(手に白い粉が付く)

・ひび割れ、剥がれ

・シーリング(コーキング)のひび割れ、剥がれ

・変色

・苔やカビ

上記のものは、どれも分かりやすくすぐ気づく人も多いです。

しかし、すぐ気付いても放置してしまうと、

ひび割れた箇所から雨水が侵入してしまう等の被害となります。

梅田グリーン梅田グリーン

外壁はご自宅を支える重要な部分でもありますので、
私たちの身体と同じように健康を心掛けましょう。

浅田愛美浅田愛美

梅田係長、ありがとうございました。
中国の山で野生の白いパンダが発見されました。
パンダの特徴でもある目の周りや手足の黒い部分が白くなっています。
突然変異ではないかと言われていますが、
通常の活動に問題はないそうです。
白いパンダが平穏に暮らせることを願っています。
外壁や屋根、床下などお家の事で気になることがありましたら、
なんでもお気軽にご相談ください。