もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、もっと美味しく食文化藤崎です。
新元号の令和発表からもう一ヶ月が経ちますね。
僕はいまだにしっくりこないんですが、浅田さんはどうですか?


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
そうですね。私もまだ平成が続いているようで不思議な感覚です。
でも、令和初の夏が来るのはなんだかワクワクしますね!


もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

確かにそうですね。
僕も今年は家族と海に行ってみようと思います。


浅田愛美浅田愛美

楽しみですね!
今回は広島市安佐北区で屋根の補修リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根の棟積み替え工事

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

浅田愛美浅田愛美

棟とは屋根のどの部分なんですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

棟とは、瓦屋根の頂部にある瓦が何段も積んでいる箇所を指します。
今回は棟部分の瓦が傷んでいた為、古い棟を撤去し新しい棟を積み直す、
「棟積み替え工事」を行いました。

棟部分は台風や地震などの強い衝撃を受けると崩れることがあり、雨漏りの原因にもなります。

瓦を固定する針金が切れていないか、漆喰の剥がれがあるか等を

定期的に確認しておかなければなりません。

棟瓦を積み替える際、瓦にひび割れなどが見られない場合は

既存のものをそのまま再利用します。

このように瓦の再利用ができるのは瓦屋根の特徴でもあります。

 

工事開始です。

まずは既存の瓦と葺き土を撤去していきます。

葺き土は粘土状で強い保持力を持っていますが、

年月が経つことで写真のようにさらさらになってしまいます。

さらさらになることで、保持力が低下し地震などの衝撃で崩れてしまうこともあります。

築年数が20年~30年と長い家は、

葺き土や下地が傷んでいないか専門家に確認してもらいましょう。

下地を綺麗にした後、耐震用の金具と

漆喰を施工するための目安となる棟桟木を設置します。

この木材が瓦を積むための土台になるのでずれないように下地に

しっかり固定する必要があります。

棟桟木に漆喰を塗り、棟の最上部に瓦を積んでいきます。

漆喰は棟瓦を固定しつつ、

雨水が当たらない程度の量を施工しなければいけません。

この工程では、長年の経験や技術が必要不可欠です。

また、耐震性を高めるために瓦同士を銅線でつなぎ合わせます。

全ての瓦を設置し屋根の表面を清掃後、工事完了です。

昔の施工技術で作られた屋根(土の上に瓦を置いただけの状態)は

瓦が釘で固定されていない場合もあります。

この工法では土で瓦を固定するため、時間が経つと下の葺き土が痩せて

瓦がずれやすくなってしまいます。

瓦がずれやすくなることで瓦の間に隙間ができ、雨漏りが発生してしまいます。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

屋根は外壁や内装と異なり高所にある為、
劣化サインに気付くのが遅れやすい場所でもあります。

リビングの天井に茶色の雨シミを発見し、

屋根が傷んでいることに気付いたというケースも少なくありません。

定期的なメンテナンスを行い、大きな被害になる前に

修理できるよう心掛けましょう。

浅田愛美浅田愛美

藤崎所長、ありがとうございました。
今週も雨の日があるそうです。広島県でも雨の日が多くなってきました。
屋根に限らず外壁、内装など住宅の事で不安がありましたら、
お気軽にご連絡ください。