クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
お酒の「ジン」といえば「ジントニック」ですが、
最近は「ジン」そのものの味を主役として楽しむ流れが広がっています。
日本でも大規模なイベントが開かれるなど人気となっていますよ。


根石絵美根石絵美

こんにちは、根石です。
お酒好きにはたまりませんね。私もぜひ参加してみたいです。
先日、お客様から
「カーポートの屋根が傷んでいる箇所があります。
雨の日も多くなってきているので、見に来て頂けませんか。」
とご連絡を頂き、波板が剥がれたカーポート屋根の無料診断を行いました。

写真で見て分かるように、

カーポートの波板の屋根が色褪せ、一部破損していました。

写真の様に物置や簡易的な小屋などで使われている屋根材は、「波板」と呼ばれています。

その使用する素材により、様々な種類があります。

一般家庭で良く使用される波板は「塩化ビニール波板」です。

はさみで切れるほどの柔らかさが特徴で柔軟性があります。

他の波板よりも安価なこともあり、小屋や物置などで利用されることが多いですが、

劣化が早いというデメリットもあります。太陽からの直射日光や雨風の影響により、

硬化しボロボロになる、錆が発生しやすくなる等の劣化が発生します。

長期間の使用には向かない屋根材でもあります。

塩化ビニール波板よりも強度のある波板が「ガラスネット波板」です。

強化ガラス繊維のネットが入っており、ガラスの透き通った色の波板です。

車庫などでよく使用されています。

現在で主流となっている波板の一つが「ポリカーボネート波板」です。

塩化ビニール波板と比べ金額は高くなりますが、

10年経過しても劣化が少ない等、寿命が長いことが特徴です。

また、ウッドデッキ屋根やテラスなど場所を選ばず、どこでも使用されています。

ただ、設置する際にシートの裏表に注意する必要があります。

波板の片面にあるシートを太陽に当たらない面にする必要があります。

 

このように、波板には様々な種類があります。

どの波板があなたのご要望やご自宅に合っているか、

判断することは容易ではありません。

まずは専門家に相談し、今のご自宅の現状を知った上で適切な屋根材を選びましょう。

 

波板で注意すべきは「台風」や「大雨」などの天候です。

特に強風によって波板が飛んでしまう等の被害が、全国各地で報告されています。

風によって外れた波板は、他の住宅や建物に衝突し傷つけてしまう等の

二次被害を与える可能性があります。波板の劣化は早めに修理しておきましょう。

クリクリ笹木クリクリ笹木

波板にサビや
ひび割れなどの症状が見られたら、早めに専門家に相談するように心がけましょう。


根石絵美根石絵美

笹木監督、ありがとうございました。
「アハルテケ」という子馬が青森県の牧場で誕生したそうです。
世界におよそ3,000頭しかいない珍しい品種の馬で、
体が金色に輝いて見える個体があることから、日本では初の繁殖だそうです。
今年の夏休みにご家族で訪れてみると、良い思い出になりそうですね。
屋根や外壁、外構などご自宅の事、なんでもご相談ください。