修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
先日はカープが久々に勝ったので一安心してます。


小田切美恵小田切美恵

そのまま勢いづいてほしいですね。
今回は東広島市で漆喰が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰補修工事

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

漆喰は雨水や湿気の浸入を防ぐ「蓋」としての役割や

瓦と瓦の固定する「接着剤」の役割を持っています。

しかし、漆喰に剥がれやひび割れが起こることにより、

この2つの役割が無くなり、内部に水が浸入し腐食や雨漏れ、瓦のズレなどの弊害が生じてしまいます。

小さなひび割れだからといって放置すると

症状はどんどん悪化し、最悪の場合、瓦屋根全体の補修が必要になることもあります。

修三レッド修三レッド

ご自宅を守るためにも定期的に破損がない
かチェックし、プロによるメンテナンスを受けておきましょう。


小田切美恵小田切美恵

今回は漆喰が剥がれた瓦屋根の補修工事の様子をご紹介します。

工事開始する前に作業用の足場を組み、職人の安全を確保します。

足場を組んだ後、既存の漆喰を剥がし、取り除きます。

古い漆喰を残したままだと新しい漆喰を詰めても、短期間で剥がれてしまう事があります。

洗顔の後にメイクをするのと同じく、

漆喰を長持ちさせるためには重要な工程の一つです。

葺土(漆喰を塗るための下地)が見えるまで剥がしたら、

新しい漆喰を詰め直します。塗布作業は雨水が浸入しないように

隅々まで凹凸がない様に綺麗に塗らなければなりません。

漆喰の塗り残しや塗りムラが無いか最終チェックを終えた後、

工事完了となります。

 

漆喰は瓦屋根の棟部や軒先部に使用され、雨水が内部に侵入するのを防いでいます。

しかし、屋根は常に風雨や紫外線に日々晒され続けているので、

漆喰は徐々に劣化し、ひび割れや剥がれなどの傷みの症状が現れていきます。

今回の様に漆喰にひび割れや剥がれ等、表面のみの劣化が見られた場合、

新しい漆喰を塗り直すことで補修可能です。

しかし、年月が経ち、漆喰の傷みが酷く塗り直しで対処が難しい場合は、

棟全体を撤去し、再度積み直しを行う必要があります。

棟の積み直しは漆喰工事の中でも大きな工事のひとつですが、

漆喰や葺き土の下にある、防水紙(ルーフィングシート)等の取り替えが出来ます。

どちらの補修方法が適切か、実際に漆喰の状態を確認しなければ判断することはできません。

修三レッド修三レッド

まずは、専門家に相談し現状把握から始めましょう。

小田切美恵小田切美恵

川本部長、ありがとうございました。
NASAが2020年から一般人でも、
ステーションに滞在できるように計画中であると発表しました。
滞在費が一泊380万円と高額ですが、貴重な体験ができるチャンスですね。
住宅は建ててから毎日紫外線や風雨などの被害を受け続けています。
劣化を完全に抑えることはできませんが、
メンテナンス次第で長持ちをさせることができます。
ご自宅のことでお悩みの方はお気軽にご連絡ください。