もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
梅雨に入り、食べ物の傷みが気になる今の時期ですが、
濱本さんは生卵とゆで卵どっちが日持ちすると思いますか。


濱本葉子濱本葉子

うーん、生卵の方が早く傷みそうな気がします。


もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

そう思いますよね。
実は生卵の方が熱を通したものよりも日持ちします。
生の卵白には殺菌作用があるので菌をシャットアウトしてくれますが、
卵をゆでるとこの働きが無くなってしまうからなんです。


濱本葉子濱本葉子

そうだったんですね。
これからの時期に役立つ知識ですね。
熱を通したからといって安心しないようにしますね。
今回は広島市南区で瓦棒屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根(瓦棒)塗装工事

使用材料:1液ファインウレタン他

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

濱本葉子濱本葉子

屋根がさび付いていますね。


もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

塗装が剥がれ、鉄部が露出しているので
サビがかなり出ています。今回は塗装で補修を行います。

金属屋根の場合、サビが発生する前に塗装をしなければなりません。

錆が出る前と後では塗装の耐久性にも影響が現れます。

しかし、錆が出てくるまでは屋根が老朽化しているかどうか判断できませんよね。

一般的な塗料の耐久性は10年程度なので

8~10年の頻度で塗装を行うなどのメンテンナンスを行いましょう。

 

工事開始です。

まずは専用の工具で劣化した古い塗料やサビを落としていきます。

この作業を「ケレン掛け」と呼び、ケレン掛けを行うことで

屋根の表面が滑らかになり、塗料が密着しやすく塗装が剥がれにくくなります。

下地処理をおろそかにするとどんなに性能の良い塗料を使っても

塗装を長持ちさせることはできません。

最初の工程から丁寧に行うことで剥がれにくく、耐久性の高い塗装を作り上げます。

下地の調整が終わったら錆の発生を抑える塗料を塗っていきます。

この塗料は金属の表面に膜を作り、錆の原因となる水分や酵素を遮断します。

また、サビの発生を防ぐだけでなく、

塗料と壁面を密着を良くするなど接着材としての効果もあります。

錆止めの塗装が乾いたら主役となる塗料を塗っていきます。

今回は1液ファインウレタンを塗布しました。

この塗料が長い期間屋根を保護する役割を果たします。

また、中塗り・上塗りと重ね塗りを行って塗料の耐久性を

より高めておくことも重要です。

塗装が完全に乾いたら、最後に色ムラや塗り残しがないかチェックを行います。

最終チェック後、工事完了です。

 

今回のように屋根にサビつきが見られる場合は塗装で修理を行います。

しかし、屋根の劣化症状が以下のような場合は

塗り直しによるメンテナンスでは対処できない可能性があります。

 

・雨漏りがかなり進行している

・サビが原因で屋根に穴が開いている

 

このような症状が見られた時は屋根材を新しくかぶせる「重ね葺き」か、

屋根を撤去し新しく屋根材を施工する「葺き替え」工事が必要になります。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

屋根の今の状況を把握するには
プロに劣化の症状を調査してもらう必要があります。
傷みの状態によって補修方法が異なる為、
まずは屋根を専門としている業者に診断をしてもらいましょう。

濱本葉子濱本葉子

藤崎所長、ありがとうございました。
犬や猫に飼い主の情報を記録したマイクロチップの装着を義務付ける法案が
参院本会議で成立しました。
ペットの脱走による迷子などの件数がこの制度で少しでも減るといいですね。
弊社では屋根の補修経験が豊富なスタッフが調査を担当しております。
屋根塗装の工程や費用を知りたい方、ご自宅にお困りごとがある方等
お気軽にご相談ください。