もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、もっと美味しく食文化藤崎です。
今週末は全国的に雨模様ですね!広島では日曜日には天気が回復するそうですが、
河川の増水等には気を付けておきましょう。


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
局地的に大雨になる可能性もあると言われているので
防災グッズの見直しや、避難場所も今一度確認した方がいいですね!
今回は、広島市安佐南区で漆喰が傷んだ瓦屋根のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

小田切美恵小田切美恵

漆喰がひび割れ、中の赤土が露出していますね。
今回はどんな補修工事をしたんですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

漆喰の塗り替え工事を行いました。

漆喰はサンゴ礁がルーツである消石灰が原料であり、

消石灰へスサといった藁や草や糊を加え、水で練って作られます。

また、空気の乾燥具合によって

水分を吸収・排出したりする性質から「呼吸をする」とも言われています。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

この「呼吸をする」といった性質によって
乾燥収縮する為、ひび割れが起きやすいといったデメリットもあります。

調湿効果などの機能もあり、

雨水が入らないよう蓋をするといった働きもしている為、

ひび割れた箇所から剥がれ、そこから内部へ雨水が入り込んでいくと

屋根の内部の腐敗や、最悪の場合には雨漏れが発生してしまう恐れもあります。

今回は剥がれた漆喰の塗り直し工事をご紹介します。

 

工事開始です。黒カビの発生など劣化が見られたり

所々剥がれている既存の漆喰を綺麗に取り除いていきます。

漆喰を塗る作業へ入る前に、赤土を濡らします。

濡らす事でより漆喰が密着するようになります。

そして、専用のコテを使い漆喰を隙間なく塗っていきます。

均一にムラなく塗るのはとても難しい為、

職人の腕の見せ所とも言えますね!

漆喰が乾燥後、塗り残しなどのチェックを終えて工事完了です。

瓦屋根は他の屋根材と比べて耐用年数が長く

なんと50年から100年持つとも言われています!

しかし、天井のクロスに雨染みが出来てしまうような

雨漏りが発生してしまうと、漆喰のみではなく下地や

内部のクロス貼り替えなどを行う必要がある為、

工事の内容も増え、その分工事期間や費用も多くなります。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

重度な劣化を防ぐ為には、定期的なメンテナンスが大切です。
漆喰は約20年に1度のメンテナンス目安に、専門の方に見てもらいましょう。
住宅の健康寿命を伸ばし、今の住宅に長く住めるようにしましょう!

小田切美恵小田切美恵

藤崎所長、ありがとうございました。
来週23日の日曜日まで
広島市植物公園ではアジサイ祭りが行われているそうです。
雨に濡れたアジサイはより一層美しいですよね!
外壁や屋根等のお住まいの事でお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。