ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
日本酒の銘柄は「鶴」という名前が入っているものが一番多いそうです。


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
そうなんですね。名前はあまり意識したことがありませんでした。
今度、お酒を飲むときは見てみますね。
今回は広島市西区で黒ずみの外壁塗装リフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:屋根塗装・外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:38年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

小田切美恵小田切美恵

白い外壁に黒ずみやひび割れ、塗装の剥がれが目立っていますね。


ハイボール竹本ハイボール竹本

今回は外壁表面上の劣化だった為、外壁の塗装工事を行いました。

サイディング外壁はメンテンナンスする必要がない、と言われることがあります。

しかし、実際はどんなに良い素材を使ったサイディング外壁であっても、

外壁は日々雨風や紫外線の影響を受けているので、

劣化することは避けられません。

また、ご自宅が海に近い、日陰にある、植物が多いといった環境であれば、

劣化しやすい場合があります。

メンテンナンスの時期になりましたら、専門家に一度見に来てもらうようにしましょう。

 

工事開始です。

まず、工事を行う職人の安全確保や作業の効率化を目的として足場を組みます。

また、外壁の洗浄や塗装工程の際に周辺や

近隣に塗料が飛散する可能性がありますので、足場の鉄骨に沿って保護シートを設置します。

工事中の人目からも守ることができますよ。

足場と保護シートを設置した後、下地の補修を行います。

まず、今回はひび割れたや剥がれた箇所周辺の外壁を剥がします。

劣化が軽度であれば、ひび割れにはシーリング材の充填のみでも修理可能ですが、

今回のように重度であった場合は、ひび割れや剥がれた箇所の周辺を崩し、

再度表面を作る作業から行います。

剥がした箇所周辺に、モルタルを塗って補修します。

外壁表面に凹凸があると塗装の際に、

塗りにくく塗料が不自然に固まることや施工後の外観にも影響します。

この工程では、外壁に凹凸を作らないように丁寧にモルタルを塗っていきます。

モルタルが完全に乾いた後、外壁の洗浄を行います。

洗浄には業務用の高圧洗浄機を使用します。

強い水圧で外壁に付着した埃や泥などの汚れを一気に落としていきます。

洗浄後、塗装工程に入ります。

外壁の塗装では、下塗り1回、中塗り1回、上塗り1回の全3回塗料を塗っていきます。

今回使用した下塗り塗料は「ミラクシーラーエコ」です。

下塗りには、外壁材の表面を整える効果だけでなく、

後の工程で塗る中塗り・上塗りで用いる塗料と外壁材との密着性を向上させ、

塗装を剥がれにくくします。

下塗り塗料が完全に乾いた後、中塗りを行います。

中塗り・上塗りは同じ塗料を使用します。

今回は「プレミアムシリコン」を使いました。

中塗り塗料が乾燥したのを確認後、仕上げの上塗りを行います。

塗料を重ね塗りする際には、

必ず前の工程で塗布した塗料が完全に乾いた後に行う必要があります。

塗料が乾く前に塗ってしまうと、色が混ざってしまうだけでなく

塗料が持つ効果をしっかりと発揮できない可能性があります。

外壁に使う塗料には防水効果など、

住宅には欠かせない機能がありますので注意が必要です。

最後に塗りムラや塗り残しがないか、確認後工事完了となります。

外壁の劣化症状は、今回のように色褪せやひび割れ、塗料の剥がれといったものから、

塗膜が膨れてしまったり、手に白い粉が付くチョーキング現象が起こったりなど、

様々あります。どの症状も実際に目で見たり触れてみることで分かるものか多く、

誰でも簡単に判別できます。

しかし、その後の補修方法を適切に選ぶことは難しく、

例えばひび割れであっても、外壁の内部まで届いているものから

表面のみの場合があります。

ハイボール竹本ハイボール竹本

それぞれ対処の方法は異なっている為、
外壁に劣化症状が見られたら、早めに専門家に相談しましょう。

 

小田切美恵小田切美恵

竹本所長、ありがとうございました。
来週は雨の日も増えてきます。この週末にご自宅のチェックをしておきましょう。
外壁や屋根など不安な点がありましたら、お気軽にご相談ください。