本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
2020年は祝日に大きな変更ありますが、
濱本さんは知っていますか?


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
知りませんでした。大きな変更って何ですか?


本田ブルー本田ブルー

今まで7月の第3月曜日だった「海の日」
が7/23になり、10月第2月曜日の体育の日が
7/24に移動し名称も「スポーツの日」になるそうです。
これは、来年開催されるオリンピックの開会式に合わせて設定されるそうですよ。


濱本葉子濱本葉子

なるほど。オリンピック開催は
私たちの生活にも大きな影響がありますね。
今日はお客様から
「軒天の下部が剥がれています。
気になるので見に来てもらえませんか。」とご連絡を頂き
早速、広島県廿日市市で剥がれた軒天の無料診断を行いました。

写真で見て分かるように、2階の軒天裏が剥がれ内部の鉄骨が見えています。

また、塗膜に浮きが見られる箇所もありました。

表面に写真のような劣化が見られる場合、

内部に水が廻り表面の塗料が膨らみ浮いてしまった状態となっています。

その場合は、周辺の塗料と共に剥がし、再度塗り直す必要があります。

今回依頼のあった住宅の軒天は、コンクリートで作られていました。

コンクリートはビルや橋などでも使用されており、身近で雨に強いといったイメージがあります。

しかし、日々雨風に晒され続けるとセメント成分が劣化して、

コンクリートの耐久性は低下してしまいます。

古くなったコンクリートは表面がぼろぼろと剥がれはじめ、

年数が増すほど建物全体にひびずれが生じてきます。

特に雨の多い地域ではコンクリートの劣化しやすく、

通常より早く耐久性が低下すると言われている為、注意が必要となります。

一般的に雨漏りは屋根や外壁、その他ベランダバルコニーと様々な場所から発生します。

コンクリート部分にひび割れが起こると、

ひび割れ隙間から雨水が中に入り込み、

軒天を支える鉄骨が錆てしまいコンクリートが剥がれ落ちしまうのです。

築年数が約10年を越えると、雨漏りの危険性が高まると言われています。

本田ブルー本田ブルー

軒天に限らず、
ご自宅で少しでも気になる箇所があれば、
専門家に相談してメンテナンスをするよう心掛けましょう。


濱本葉子濱本葉子

本田監督、ありがとうございました。
夏休みのショーとして人気の「恐竜どうぶつ園」 が
今年も日本各地で開催されます。
ご家族の楽しい思い出作りになるといいですね。
壁や屋根など気になるところがあれば、いつでもご相談下さい。