大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
いよいよ広島県も梅雨に入りましたね!
観測史上、最も遅い梅雨入りだそうです。
過去の観測から梅雨入りが遅かったとしても、
梅雨の間に降る雨の量は変わらないというニュースを目にしたので
大雨や豪雨への備えを今の内からしておきましょう。


根石絵美根石絵美

こんにちは、根石です。
外に出る時は雨雲レーダなども見て、大雨の対策をしようと思います。
今回は、廿日市市で塗装が剥がれた大手塀のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:大手塀補修工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

根石絵美根石絵美

今回はどんな工事をしたのですか?


大高下イエロー大高下イエロー

経年劣化による汚れの付着や
タイルの剥がれが目立つ大手塀の
タイルの貼り替え工事を行いました。

大手塀は隣地や道路と敷地との境界線や

防犯対策・プライバシーの保護など住居者を守っています。

また、道路など通行する場所からみても住宅の中で一番初めに目に付く場所です。

住宅にお洒落・綺麗といったイメージをもつ上で、

通行人や近隣の方が一番に目にする玄関や塀といった目に付く場所は

とても重要なポイントとなります。

定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

根石絵美根石絵美

今回は大手塀のタイル貼り替え工事の様子をお伝えします。

 

道路の舗装などが傷付く恐れがある為、

養生シートを貼り、工事開始です。

まず初めに専用の機械を使用し、

既存のタイルを一つ一つ剥がしていきます。

この作業の際、下地に傷が付いてしまうことは避けられません。

塀が傷付き、表面がデコボコな状態だとタイルを平らに貼ることができません。

この工程で専用の機械を使用し、表面を整えていきます。

その後、左官ゴテと呼ばれる道具を使用し、

職人による手作業で下地のモルタルを平らに塗っていきます。

下地のモルタルが完全に乾いた事を確認したら、

いよいよ新しいタイルを貼る工程へと移ります。

タイルを貼るには接着モルタルを使用します。

接着モルタルを塗り、その上からタイルを貼る作業を

一番上の端から順に繰り返し行います。

接着モルタルは乾くと粘着力が低下します。

粘着力が落ちる前に手早く丁寧にタイルを貼る作業を進めていきます。

一番下の端まで貼り、周辺の清掃をしたら工事完了です。

大手塀は年中紫外線や雨風に晒されている為、

劣化するスピードも速く定期的なメンテナンスが必要です。

昨年発生した大阪地震では、塀の倒壊による事故もありました。

大高下イエロー大高下イエロー

家のリフォームと言えば生活に直結する
屋根、外壁や内装を中心に考えてしまいますよね。
しかし、塀も大切な住宅の一部です。
屋根などと一緒に定期的に専門の方に見てもらい、
まずは現状を把握しておきましょう。

根石絵美根石絵美

大高下所長、ありがとうございました。
梅雨で憂鬱でもありますが、
そろそろ各企業の夏のセールが始まる時期です!
たまにはお仕事を忘れてショッピングを楽しんでみるといいかもしれませんね。
住宅の事で気になる点や不便な点がありましたら、お気軽にご相談ください。