レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
梅雨に入ってしまいましたが、虹が出やすい時期でもありますね!
雨が止み日が差した時に「太陽を背にして逆の空」を見る事が
虹を見つけるコツなんですよ。


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
そうなんですね!初めて知りました。
ちょっとした楽しみを見つけて、憂鬱な梅雨も乗り越えたいですね。
今回は、広島市佐伯区で錆びた金属屋根のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:金属屋根塗装
使用材料:1液ファインウレタン他
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

小田切美恵小田切美恵

今回の金属屋根とは、どのような屋根なんですか?

レインボー小泉レインボー小泉

金属製の薄い屋根材です。
特に他の屋根材に比べ圧倒的に軽い事が最大のメリットです。

金属屋根は、一般的な瓦屋根の1/10、スレート屋根の1/2~1/4の重量であると言われています。

屋根が軽量であれば家を支える柱などの負担も軽くなる為、耐震性にも優れます。

地震大国の日本だからこそ、知っておくべき屋根材ですね。

しかし、金属である為

どうしても傷や凹みなどからが発生します。

錆が劣化していくと鉄部に穴が開き、

雨水が屋根の内部へ入り込んでいく事で

天井のクロスに雨染みが出来るような雨漏りが発生する恐れがあります。

小田切美恵小田切美恵

屋根の上だけでなく、屋根の内部の劣化も気付きにくい為
定期的にメンテナンスをしましょう。
今回は、金属屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

高所での作業は、落下の恐れもあり大変危険です。

職人の安全の確保や効率的に作業を進める為、足場を組んだ後工事開始です。

まず初めにケレン掛けを行います。

ケレン掛けとは、専用のサンドペーパーやたわしを用いて

錆びや古い塗膜を落としていく作業の事です。

表面に錆や古い塗膜が残っていると、塗料が下地と密着せず

施工後の美観や防水性にも影響が出てしまう為、丁寧に作業を進めていきます。

表面が綺麗になりましたら、錆止め塗料を塗っていきます。

メインの塗装をする前に錆止め塗装をする事で

被膜が形成され、錆の発生や腐食を防ぐ働きをします。

ローラーや細かい部分には刷毛を使用し、塗り残しがないよう塗布していきます。

錆止め塗料が乾いた事を確認したら、

メインの塗装を中塗り・上塗りと2回、重ね塗りをします。

金属製である屋根材は、塗装をする事で防水性が補われるので

塗膜が薄いと屋根材を雨水から守る力も弱くなってしまいます。

重ね塗る事で、塗膜がしっかりと厚みを持ちますし

塗り残しや塗りムラを防ぐ事が出来るので

施工後、防水性もしっかりと補われ

美観も新築時のように綺麗になります。

塗料が完全に乾いた事を確認しましたら、工事完了です。

金属屋根の塗替えは一般的に約10年から15年が目安と言われています。

錆びは1度発生してしまうと周りに錆の粉などが広がり、

どんどん広がる「もらい錆び」が起きる恐れがあります。

レインボー小泉レインボー小泉

屋根は高い場所にあり、
普段の生活ではなかなかチェックすることができません。
塗り替えの目安である10年に1度、専門の方に見てもらい
重症化する前にご自宅の現状を把握しておきましょう!

小田切美恵小田切美恵

小泉部長、ありがとうございました。
気付くともう7月ですね!7月2日は半夏生です。
いつもなら梅雨明けの時期ですが、
今年は梅雨明けはいつになるでしょうか・・・。
蒸し暑い日々で体力も奪われてしまいますが、ご自愛くださいませ。
住まいの事なら小さな疑問でもお答えします!
お気軽にお問い合わせください。