グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
寺本さんはモーニングアイスってご存知ですか?


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
朝からアイスですか?初めて聞きました。


グレイト石川グレイト石川

モーニングアイスは、ひんやりとした食感が体を目覚めさせ、
糖分が体内時計を動かす役割をしています。


寺本園子寺本園子

暑いこの時期にピッタリですね。
今度、挑戦してみます。
今回は廿日市市で瓦屋根の棟積み直しリフォーム工事の様子をご紹介します。

工事情報

工事内容:瓦屋根棟積み直し工事
築年数:43年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

寺本園子寺本園子

棟ののし瓦が欠けて、内部が見えていますね。

グレイト石川グレイト石川

棟全体が劣化し、屋根の瓦も破損している箇所がありました。
このような場合は、棟の積み直し工事と瓦の一部交換を行います。

 

工事開始です。

まず傷んだ棟を一度崩していきます。

一番上に被せている棟瓦から順番に取り外し、

棟の下にある防水紙(ルーフィングシート)の交換を行います。

この時、棟に使用されている瓦だけではなく、

棟周辺に設置されている瓦も取り外します。

傷んでいない瓦は再利用できますので、丁寧に取り外しまとめて保管します。

ルーフィングシートなどの交換や張り替えが終りましたら、

棟周辺の瓦から再び並べ直していきます。

この際瓦同士に隙間があると雨水が防水紙に直接浸み込む可能性がありますので、

一枚一枚丁寧に並べていきます。

周辺の瓦を並べ終りましたら、棟の基礎となる桟木を固定する金具を設置します。

等間隔でズレの無いように慎重に確かめながら釘を打ちます。

設置した等間隔の金具の上から桟木を乗せ、ネジで固定します。

以前は棟の内部に赤土と呼ばれる土を使用していました。

しかし、現在では土よりも軽く屋根にかかる負担が軽減することから、

今回のような金具と桟木を使用しています。

固定した桟木の周辺に漆喰を塗り、形を作っていきます。

漆喰塗りは一見簡単そうに見えますが、

漆喰は水彩絵の具の様にサラサラと塗ることはできません。

また、屋根は傾斜がある為、

足元が不安定で慣れない内に作業をすると塗り忘れや

厚みに差が出てきてしまいます。

漆喰を塗り終えたら、上から棟瓦を被せて棟の積み替えは完了です。

次に、傷んでしまった瓦の交換を行います。

瓦屋根の利点の一つが、瓦は一枚単位で交換・差し替えが出来るという点です。

その為、傷んだ瓦のみ交換でき、その分メンテンナンス費用も軽減できます。

瓦を交換し、工事完了となります。

瓦屋根で雨漏りが発生しやすい原因は主に5点あります。

・下地の防水紙(ルーフィングシート)の破損
・雨樋の詰りや破損
・雨仕舞いの破損
・棟の劣化
・瓦の欠け・ずれ等の破損

屋根は私たちの目から届きにくい、高所にあります。

その為、上記のような劣化症状に気付くのが遅れ、

雨漏りして初めて屋根が傷んでいることに気付いた、

というケースも少なくありません。

雨漏りした場合、屋根の破損修理のみでは回復することは難しいです。

屋根内部の修理や天井に雨シミが出来ていればその分、工事の費用も高くなります。

グレイト石川グレイト石川

重要なことは、定期的なメンテナンスです。
10年に一度、大きな災害や豪雨の後にメンテンナンスを心掛け、
早めの補修ができるようにしておきましょう。


寺本園子寺本園子

石川監督、ありがとうございました。
広島県熊野町で被災地の応援にと、
漫画家やイラストレーターの作品を展示したアート展が開かれています。
色々な方々の支援や応援を感じることが出来て、
温かい気持ちになりますね。
ご自宅の外壁から屋根、キッチンやお風呂など
お気軽にご相談下さい。