本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
梅雨特有のどんよりとした天気が続いていますね。
こんな日が続く時は体を動かしたりして、リフレッシュしたいですね!


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
梅雨の時期は体が重たいと感じますね。
今晩のメニューはさっぱりした
酢の物を食べてみるのもいいかもしれません。
今回は、広島市安佐南区で苔が生えた屋根のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装(スレート)工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

寺本園子寺本園子

なぜ屋根に苔が生えるのですか?

本田ブルー本田ブルー

今回の屋根はスレート屋根、(別名カラーベスト屋根)という種類であり、
主成分はセメントです。
セメントは雨水を吸収する性質がある為、
苔が生えた原因は、屋根材が許容範囲を超えた量の雨水を吸収している事が考えられます。

カラーベスト屋根は、屋根材を塗装する事で美観だけでなく

防水性も補われています。

屋根の塗料の耐用年数は約10年と言われている為、

10年経過すると今回のような色褪せや苔の発生など

様々な不具合が見られ始めます。

寺本園子寺本園子

10年に1度を目安に、屋根の状態を把握するよう心がけましょう!
今回は、カラーベスト屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

屋根の上は高所の為、職人の安全と

効率的に作業が出来るよう足場を組み、工事開始です。

屋根は常に雨風や紫外線に晒されていることから、

苔以外にもチリや埃など様々な汚れが付着しています。

このまま塗装をしてしまうと、

塗料と下地が密着せず、美観も悪くなりますし

塗装が剥がれやすくなってしまいます。

業務用の高圧洗浄機を用いて強い水圧で、

苔や汚れ古い塗膜を除去していきます。

高圧洗浄で取れなかった細かい汚れや苔などは

ブラシなどを用いたケレン掛けをし、手作業で丁寧に落としていきます。

表面を整えた後、塗装の工程へ移ります。

塗装は下塗り2回・中塗り・上塗りの計4回行います。

下塗りでは「パワーシーラー」という塗料を使用しました。

下塗りをする事で中塗り・上塗りと呼ばれる

仕上げの塗料がより密着し、長持ちするようになります。

屋根材の中塗り・上塗りへ移る前に

金属で出来た棟やケラバの塗装を行います。

錆は金属にとって最大の敵です。

錆が進行してしまうと、脆くなり穴が空くので

雨漏れの原因になる可能性もあります。

錆止め塗料を塗る事で、錆の発生を抑えます。

その後、2度目の下塗りを行い

乾いた事を確認したら、いよいよメインの塗装へ移ります。

一般的に、中塗り・上塗りでは

「ナノシリコン」という同じ塗料を使います。

同じ塗料を使用する事によって、

色ムラや塗り残しを防ぎ、耐久性や綺麗な美観が長続きします。

塗料が完全に乾き、足場などを撤去後工事完了です。

カラーベスト屋根の寿命は、

日当たりや天候と言った環境にもよりますが、

一般的に約20年前後と言われています。

しかし、定期的にメンテナンスをしていると20年以上持つ事も可能です。

本田ブルー本田ブルー

大切なお住まいなので、長持ちしてほしいですよね。
人間の体と同じで、定期に専門の方に見てもらう事で
住宅の健康寿命を伸ばしましょう!

寺本園子寺本園子

本田監督、ありがとうございました。
7月に入り、サマージャンボ宝くじの時期ですね!
今年は7月6日から発売されるそうです。
もしも当たったら・・・と考えるだけでもワクワクしますね!
住宅でお困りごとがございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね。