ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。 7月に入り、気温も高くなってきましたね。 この時期はお風呂上りに 枝豆を食べながら飲むハイボールが一番美味しいんですよ。

浅田愛美浅田愛美

美味しそうですね。 私はお酒を飲まないのでお風呂上りの一杯は冷えた炭酸水を飲んでます。 お互い飲みすぎないように注意したいですね。 今回は山口県岩国市でひび割れた瓦屋根の葺替リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事 築年数:30年前後 【工事前】 【工事後】  

工事の様子

浅田愛美浅田愛美

写真の様に瓦がズレたり、割れていると お家にどんな被害があるんですか?

ハイボール竹本ハイボール竹本

瓦の割れやズレを放置していると 下地の防水シートに雨水が染み込み、雨漏りが発生します。 今回のように、屋根全体が劣化している場合は葺き替え工事を行います。

屋根は風雨や日光などの自然の激しい気候から家を守っています。 しかし、それらの影響を長期間受け続けると屋根は徐々に傷み始めます。 塗装の剥がれ、瓦のヒビ割れ、サビや苔の発生などは 長い年月が経つにつれて増えてくるので、定期的なメンテナンスが必要となります。   工事開始です。 まずは劣化している瓦を一枚ずつ順番に取り外していきます。 高所での作業の為、足元に注意しながら作業を行います。 この工程では下地となる野地板の傷みも確認し、 腐食などが酷い場合は取り替えを行うこともあります。 下地となる野地板の上に防水シートを設置し、 瓦を引っ掛ける桟木を留めます。 ル-フィングと呼ばれるこのシートを貼ることで 屋根内部に雨水が侵入するのを防ぐことができます。 新しい瓦を設置します。 台風や強風で飛ばないようにしっかりと固定をしておきます。 瓦を葺き替えたら工事完了です。 屋根のリフォームには葺替工事のほかに重ね葺きや塗り替えなどの工事もあります。 葺き替え工事の場合、屋根材だけでなく、 傷んでいる下地や防水シートの交換なども行います。 築年数がかなり経っている家や雨漏りが発生している場合は葺き替え工事がおすすめです。
ハイボール竹本ハイボール竹本

葺き替え工事を行う際に重要となるのは、使用する屋根材です。 地震大国の日本では屋根の軽量化、耐震性なども考慮しなければなりません。 いざという時の為に今できることから少しずつやっておきましょう。

浅田愛美浅田愛美

竹本所長、ありがとうございました。 センター試験に変わるテストとなる大学入学共通テストから TOEICの参加が取り下げられました。 2020年度から共通テストが導入されるので この時期に決断するのは今後の試験に大きな影響がありますね。 弊社では屋根の塗装・葺き替え・雨漏り修理だけでなく、 機能性や対候性を考慮したメンテナンスのご提案も致しております。 お気軽にお問い合わせください。