レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
広島バスセンターの近くに新しくブックカフェがオープンしました。


根石絵美根石絵美

こんにちは、根石です。
そうなんですか。知らなかったです。
どんな感じのお店なんですか。


レインボー小泉レインボー小泉

カフェの隣には雑貨や本が売られており、
シックで落ち着いた店内でリラックスした時間を過ごせますよ。


根石絵美根石絵美

お気に入りの一冊を片手にカフェで特別な時間が過ごせそうです。
先日お客様から
「長い間、屋根のメンテナンスをしていません。
今の屋根の状態を確認したいのでみに見に来て頂けませんか。」
とご連絡を頂き、広島市安佐北区でズレた瓦屋根の無料診断を行いました。

瓦屋根に上がり確認すると、棟ののし瓦が前や横に大きくずれていました。

また、棟を固定する銅線が切れている箇所もありました。

レインボー小泉レインボー小泉

根石さんは、棟ってどの部分か知っていますか。


根石絵美根石絵美

屋根の頂点部分ですよね。


レインボー小泉レインボー小泉

そうです!
瓦屋根の頂上部分にある瓦のことで
のし瓦・冠瓦(かんむりがわら)・鬼瓦(おにがわら)で構成されています。

それぞれ瓦には役割があります。

のし瓦は棟瓦の下にいくつか重なってある短冊形の瓦を指します。

のし瓦を何段にも積み上げていき、屋根の下地に雨水が侵入するのを防いでいます。

冠瓦は棟瓦の一番上にある半円型の瓦を指します。

のし瓦の蓋替わりとなり、頂上部分に雨水が浸入するのを防いでいます。

鬼瓦は棟瓦の先端に取り付けられている瓦です。

鬼顔のようなデザインで魔除けとしての役割があると言われています。

しかし、以前は名前通り鬼の形に彫られていましたが、

近年では若葉模様や雲など、さまざまなデザインも出てきています。

 

この様に、棟に使用される瓦には役割がありますが、

のし瓦の隙間に塗りこまれた漆喰が日々の直射日光雨風の影響で劣化すると

漆喰の剥がれ・ひび割れが発生し、雨水の浸入を防ぐことができなくなります。

傷んだ隙間から雨水が中に浸入し、

屋根の下地が腐食雨漏りの原因となる可能性があります。

また、冠瓦とのし瓦は銅線で固定されています。

経年劣化で固定していた銅線が緩んだり、切れたりしてしまうと

地震などの影響で瓦がずれてしまい、

強風で瓦が落下したり、他の瓦に接触し割れてしまう危険性があります。

レインボー小泉レインボー小泉

棟瓦はご自宅を雨水から守る重要な役割があります。
今回のように多くのし瓦がずれているといった場合には、
一部補修ではなく棟瓦全体の修理が必要になります。
梅雨の時期となりましたが雨漏りする前に、専門家に一度見てもらいましょう。


根石絵美根石絵美

小泉監督、ありがとうございました。
「日本三大祭り」のひとつである京都祇園(ぎおん)祭が約1ヶ月間行われます。
特に前祭前夜祭の『宵山(よいやま)』は、京都の道いっぱいに置かれた山鉾の
駒形提灯が夜の闇をゆらめき、とても幻想的で、
翌日の「山鉾巡行」は力強い「辻回し」が一番の見どころだそうです。
一度、ご家族で京都の祇園祭りに是非行ってみて下さい。
きっと忘れられない思い出になると思います。
屋根や外壁の事で気になる事があれば、いつでも気軽にご相談下さい。