レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
近年立体パズルなどで人気となっているジグソーパズルですが、
生まれはイギリスなんですよ。


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
そうなんですか。雨の日も多い今の時期に
パズルを楽しんでもいいかもしれませんね。
今回は広島市安佐北区で外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:38年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

小田切美恵小田切美恵

白い外壁に赤い錆汚れや苔、汚れなどが目立っていますね。

レインボー小泉レインボー小泉

今回のように外壁の表面が色褪せ、汚れが目立っている場合、
外壁の塗装工事を行います。

外壁塗装の色には、流行があります。

最近は環境に馴染ませるような自然な色味を選ぶ方が増えてきました。

特にホワイト系やクリーム系、薄い茶色系が

人気のカラーリングとなっています。

ナチュラルな色が多いですが、

鮮やかな色を選んではいけないという事ではありません。

色選びで大切なことは、住宅に住む方のご要望です。

しっかりとあなたやご家族のご要望を把握し、

理想のマイホームになるようにしましょう。

今回は、元々白い外壁からクリーム色へ色を変更された

お宅の外壁塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

洗浄・塗装工程に入る前に、塗装しない箇所を養生します。

養生とはビニールシートやテープで指定箇所を覆い、

塗料等が付着しないようにすることです。

養生後、外壁全体を高圧洗浄機で洗浄します。

強い水圧で洗浄することで、外壁にこびり付いた汚れを一気に落としていきます。

洗浄後、ひび割れや剥がれといった下地の傷みを補修します。

ひび割れの補修にはシーリング材を充填し、

剥がれの場合にはモルタルを薄く塗り表面を調整します。

シーリング材やモルタルが乾いた後、塗装の工程に入ります。

外壁の塗装は下塗り・中塗り・上塗りの計3工程を行い、

段階を踏んで塗装を重ねて塗ります。

外壁材とメインの塗料との密着性を向上させる下塗りには、

「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗り塗料が完全に乾いた後、中塗り塗料を塗っていきます。

中塗り・上塗りには同じ塗料を用い、

今回は「プレミアムシリコン」を使用しました。

中塗りは次の工程で塗る上塗りとの密着性を高める効果があります。

中塗り後、上塗りとして同じ塗料を重ね塗りします。

中塗りの際に出来た塗りムラや気泡を覆い、外観を綺麗に整えます。

施工後の美観にも大きくかかわってきますので、

塗り残しがないように細かいところまで丁寧に行います。

塗料が完全に乾いた後、お客様とともに最終チェックを行います。

チェック後、工事完了です。

 

外壁や屋根の色で自宅を説明することがありますよね?

外壁はお住まいの顔でもあります。

外壁の色がイメージと違うと思っても、塗り直しにはまたお金がかかります。

レインボー小泉レインボー小泉

塗装前に必ず色のサンプルを見せてもらう等、
工務店や業者に確認しておきましょう。

小田切美恵小田切美恵

小泉監督、ありがとうございました。
今年は九州の方で大雨となりましたね。
雨が止んだ後も土砂災害などが起こる危険があります。
被害を未然に防ぐ為にも、普段から気を付けておきたいですね。
外壁や屋根など住宅の事でお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談下さい。