グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
今週末は七夕ですね。
昔から、七夕の日にはそうめんを食べるという習慣がありますよね!
7月7日に食べる事で「1年間無病息災で過ごせる」という中国の伝統から来ているそうです。
暑さで食欲不振になりがちなこの時期にぴったりですよね。


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
うだるような暑い日は、そうめんが本当においしく感じますよね。
七夕の日は、天の川も見たいので晴れるといいですね!
今回は、広島市東区で漆喰が剥がれた瓦屋根のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰補修工事
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

グレイト石川グレイト石川

屋根にとっての最大の役割とは、
私たち住人を雨から守ってくれる、いわば大きな傘です。

もしも屋根がなければ、雨風に晒され生活が困難になります。

また、日本の家屋の木造であることも多く、

水分や湿気によって腐敗が進行してしまいます。

それほど、住宅にとって屋根は重要な部分なのです。

小田切美恵小田切美恵

屋根って本当に大事なのですね。
今回のような漆喰は小さい部分なので
剥がれてても、雨漏りなどといった支障は少ないのでしょうか?

グレイト石川グレイト石川

いいえ、漆喰の剥がれが雨漏りの原因になる事もあるのです!

漆喰は瓦同士の接着剤だけでなく、屋根に蓋をする役割を果たしています。

内部は赤土で出来ている為、

漆喰の剥がれたりひび割れた箇所が雨水の侵入口となり

どんどん内部へ染み渡り、天井のクロスにシミが出来るような

雨漏りとなる事もあります。

一般的に漆喰の寿命は約20年と言われている為、

20年に1度を目安にメンテナンスをしましょう。

小田切美恵小田切美恵

今回は、漆喰補修工事の様子をお伝えします。

工事開始です。

まず初めに、ひび割れたりカビの生えた既存の漆喰を

軽く叩いて崩し、刷毛などを使い撤去していきます。

古い漆喰が残った状態だと、

新たな漆喰を塗布しても綺麗に密着しません。

新しい漆喰を密着させる為にも丁寧に取り除いていきます。

下地の赤土を整え、

より漆喰がくっつくように霧吹きし湿り気を与えた後、

新しい漆喰を塗る作業へ移ります。

漆喰塗りでは専用のコテを使用し念入りに塗っていきます。

漆喰は塗る量が多いと剥がれやすく、

少なければ防水性に劣ります。

丁度よい量で綺麗に平らに塗る技術は職人の腕の見せ所とも言えますね。

漆喰の乾燥後、塗り残しがないかなど確認して、工事完了です。

屋根は高い場所にありますし、

内部の屋根裏などの劣化は気付きにくいです。

その為、天井のクロスにシミが出来てから気付くというケースは多く

そこまでの劣化状況となると、屋根材を全て新しく葺き替えるという

大規模な工事が必要になります。

グレイト石川グレイト石川

お住まいの劣化を最低限に抑えるには
定期的に専門の方に見てもらい、現状を把握する事が大切です。
人間で言う、人間ドックのように定期的に診断をしてもらう事で
ご自宅の健康寿命を伸ばしましょう!

小田切美恵小田切美恵

石川監督、ありがとうございました。
7月に入り学校などでのプール開きしている所も多くなりました。
安芸郡坂町では海水浴場もオープンしたようです!
そろそろ夏休みの計画を立てるのもいいかもしれませんね。
屋根やお家の事は、なんでもお気軽にご相談ください。