梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。
「お茶を濁す」と言いますが、
この時の「お茶」は何茶を指していると思いますか?


人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
そうですね、緑茶でしょうか?


梅田グリーン梅田グリーン

実は「抹茶」なんです。
茶室でマナーや作法を知らない人がごまかして
抹茶をかき混ぜてごまかそうとした姿が語源とされています。


人総部T女史人総部T女史

言葉も奥が深いですね。
色々調べてみると面白いかもしれませんね。
今回は広島市東区で外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、スーパーセラタイトF他
築年数:28年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

人総部T女史人総部T女史

外壁の表面が汚れ、目地も剥がれていますね。

梅田グリーン梅田グリーン

今回のように外壁の表面が劣化している場合には、外壁の塗装工事を行います。

外壁部分に隙間が出来てしまう為、

隙間から雨水が内部に侵入しやすくなります。

その為、シーリング部分に剥がれが見られた場合は、早めの補修が必要です。

シーリングの補修時期は一般に10年前後と言われていますが、

ご自宅周辺の環境や天候、自然災害によってもこの期間は変化します。

早くて5~7年ほどで劣化してしまうお家もあります。

勿論、外壁はシーリングのみではなく全体の劣化状況も把握する必要があります。

専門家による定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

 

工事開始です。

まず、塗装しない箇所に養生を行います。

養生では塗料が付着しないようにビニールシート、テープで保護することをいいます。

養生後、傷んだ目地を取り外しシーリング材を充填します。

シーリング材が固まった後、洗浄を行います。

外壁には風や雨、土などによって運ばれてきた汚れが付着しています。

塗装前にこれらの汚れを落とすことで、

塗料と外壁材の密着性を高めることができます。

洗浄後、塗装を行います。

外壁の塗装では、計3工程(下塗り・中塗り・上塗り)あります。

下塗りでは、白色や透明色の塗料を用いて傷んだ外壁を整え、

次の塗料を付着しやすくる土台作りを行います。

次にメインとなる塗料を重ね塗りしていきます。

中塗りをした際にできた色ムラや気泡を、上塗りで覆い外観を綺麗に整えます。

また、重ね塗りをすることで塗膜に厚みを持たせ、

少しのダメージではひび割れや剥がれが起こらないように耐久性を向上させます。

塗料が完全に乾きましたら、工事完了となります。

外壁の劣化症状は屋根や床下など、普段目の届かない箇所に比べると見つけやすい部類になります。

また劣化症状には、ひび割れやシーリング部分の剥がれ、

手に白い粉が付く(チョーキング現象)、苔やカビの繁殖など、誰でも発見できるものも多いです。

梅田グリーン梅田グリーン

お庭掃除のついでに、外出前に、ちょっと目を向けて
建物のSOSに気付くようにしましょうね。

人総部T女史人総部T女史

梅田監督、ありがとうございました。
今週は広島県でも曇り空が続くようです。
気持ちの良い天気にはなかなかなりませんね。
気温が高く湿気も多くなりますので、体調管理に気を付けてお過ごしください。
夏に向けた外壁の再塗装工事等、なんでもお気軽にご相談下さい。