本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
青い宝石と言えばサファイアが有名ですが、
実はサファイアとルビーは同じ鉱物から出来てます。


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
そうなんですか。同じ鉱物でも色が
大きく変わるなんて不思議ですね。
今回は、広島市佐伯区で漆喰が剥がれた瓦屋根のリフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰塗り替え工事
築年数:39年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

寺本園子寺本園子

瓦屋根の漆喰が大きく剥がれていますね。
こんな時、どんな修理をするのですか?

本田ブルー本田ブルー

今回のような軽度の劣化であれば、漆喰の塗り替え工事を行います。

瓦屋根の漆喰は雨風から棟内部を守る役割と瓦を固定する役割があります。

漆喰が剥がれてしまう、崩れてしまうと棟自体が曲がってしまう、

のし瓦がずれてしまうといった症状が現れます。

また、漆喰が剥がれると内部が雨水を吸い込みやすくなりますので

早めに補修をしておきましょう。

 

まず、漆喰の撤去を行います。

古い漆喰の上から新しい漆喰を塗ったとしても、

内部との接着力が低下している為、すぐに剥がれる原因となります。

その為、必ず施工前に綺麗に剥がしておきます。

古い漆喰を全て剥がした後、赤土の表面を霧吹きで湿らせます。

予め赤土を湿らせておくことで、

漆喰との密着性が向上し剥がれにくくなります。

また、漆喰も塗りやすくなりますので、適度に湿らせておくことが大切です。

漆喰を重ね塗りしていきます。漆喰塗りは一見、

水彩絵の具で塗るような簡単そうに思いますが、漆喰は重く少し粘り気があります。

適量を取り凹凸なく塗ることはなかなか難しく、

長年の知識と経験が必要となります。

また、漆喰は量にも注意が必要です。少なすぎても剥がれやすく、

多すぎても雨風により漆喰が流れ劣化が早くなります。

漆喰を塗り終りましたら、ずれた瓦や破損した瓦を交換します。

瓦屋根は瓦1枚ずつ並べてある為、

瓦屋根が傷んだ場合でも全て葺き替える(交換)必要はなく、

劣化した瓦のみ交換が出来ます。

メンテンナンスのしやすさも瓦屋根の利点です。

瓦を並べ直し、最終チェックを終えて工事完了となります。

瓦屋根は瓦のイメージから、

「メンテンナンスが必要ない」と思っている方が多い屋根でもあります。

しかし、実際に瓦屋根に使用されている部材は瓦のみではありません。

今回のように、漆喰も瓦屋根を構成する大切なパーツの1つです。

漆喰の耐久年数は10~15年と瓦より短い為、

定期的に塗り替える必要があります。

屋根の劣化は普段の生活ではなかなか気づくことが出来ません。

定期的に屋根の診断をすることで、劣化症状が軽いうちに修理できます。

本田ブルー本田ブルー

私たちの病気と同様に、早めに治療すれば費用も掛かりません。
まずは、専門家に相談しご自宅の現状を把握しておきましょう。

寺本園子寺本園子

本田監督、ありがとうございました。
愛知の小学校で水難事故の安全講習が行われたそうです。
夏休みになると海や川に遊びに行く機会も多くなりますから、
このような講習でしっかりと学んで、
事故の無い楽しい夏休みにしてもらいたいですね。
屋根・外壁など劣化が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。