阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
米国の森で野外調査を行っていた研究者たちが
顔のないカエルを発見しました。


根石絵美根石絵美

こんにちは、根石です。
どうして顔が無くなってしまったのでしょうか。


阿部でございます阿部でございます

冬眠中に顔をかじられたのではないかと
考えられているそうです。


根石絵美根石絵美

すごいですね。
顔が無くてもちゃんと生きていけるんですね。
生命力の強さを感じます。
先日お客様から、
「最近ベランダの色褪せやコケなどの汚れが目立ちます。
酷くなるのも困るので一度見て頂けせんか?」
とご連絡を頂き、広島市南区で経年劣化したベランダの無料診断を行いました。

ベランダの床の塗装が剥がれて、錆や苔が発生しています。

また、ひび割れなどの劣化症状も見られました。

ベランダや屋上のある住宅では、床が雨水などの水分を吸収しやすい為、

表面を防水シートや塗料により保護しています。

しかし、屋上やベランダには屋根がないことから、

日々太陽の強い日差しや雨風に晒されるといっただめダメージを受けています。

また、冬の季節は雪が降り積もることもありますので、

経過年数が長ければ長くなるほど、

傷みが生じやすく劣化が予想以上に進むことがあります。

屋上やベランダはいつも何気なく歩いている為、

きちんと防水施工されていること、

定期的なメンテナンスが必要だということを知らない・忘れてしまっている事が多く、

雨漏りなどのトラブルが発生してから慌ててメンテナンスを行う人が多いのも事実です。

傷みが激しいと、室内への雨漏りの原因にも繋がり、大規模な工事となる可能性があります。

定期的にメンテナンスを行うことで、

大切なお住まいを雨漏りの被害から防ぐだけでなく、

工事や費用を最小限に抑えることができます。

阿部でございます阿部でございます

劣化の目安として
藻や苔が生えてきたり、塗膜の剥がれ、
表面のひび割れや防水層の浮きや錆びて傷んでいるなどがあります。
どの症状も目で見て分かりやすいものが多いので、
これらの症状を見かけたら早めに専門家に相談しましょう。

根石絵美根石絵美

阿部監督、ありがとうございました。
7月13日に奄美地方が梅雨明けしました。
例年の奄美地方の梅雨明けは6月29日頃だったので、
今年は2週間ほど遅い梅雨明けとなりましたね。
子供たちも夏休みに入りますのでプールや海水浴場は子供連れで
大変賑わうでしょうね。水の事故には十分気を付けて
楽しい休日をお過ごしください。
屋上やベランダなど住宅のことで、
分からない事がありましたらいつでもご相談下さい。