修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
この週末、カープは地元開催ですね!
連敗もストップしたので、優勝に向けてV字回復できるよう、応援します!

根石絵美根石絵美

こんにちは、根石です。
広島での3連戦、勝利を信じて応援しましょう!
今回は、広島市南区で色褪せた外壁のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、スーパーセラタイトF他
築年数:15年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

根石絵美根石絵美

外壁の隙間にひび割れが入っていますね。

修三レッド修三レッド

この外壁材の隙間を埋めている物を、
シーリング(コーキング)材と言います。
お風呂やキッチンと言った、身近な水周りにも使用されている建材です。

今回のようなサイディング外壁

外壁材を建物の骨格に合わせて貼っていき、

隙間をシーリング材で埋める事で施工されます。

常に紫外線や雨風に晒されているような過酷な環境下にあるので、

シーリング材は約5年から10年で劣化が見られ始めます。

シーリング材のひび割れや剥がれは、

建物内部へ雨水が入り込む原因になってしまいます。

根石絵美根石絵美

建物の最大の敵は水分です!
内部へ入り込む前に対策を取りましょう。
今回は、外壁の塗装工事の様子をお伝えします。

今回は建物の2階部分の塗装もする為、

足場や保護シートを組み立て、工事開始です。

塗装の工程へ入る前に、外壁の洗浄を行います。

もし外壁に埃や砂、古い塗膜が残ったまま塗装をしてしまうと

塗料の密着性が低下し、塗装の持ちだけでなく

施工後の美観にも影響を与えます。

強力な水圧の出る業務用の高圧洗浄機を使用し、隅々まで洗浄します。

洗浄後、傷んだシーリングの補修へ移ります。

まず、外壁材にシーリング材が付着しないよう、周辺に養生テープを貼ります。

次に傷んだ既存のシーリング材を撤去し、下塗り専用のプライマーを塗ります。

そして、新たなシーリング材を充填していき、ヘラで抑えて平らにします。

最後に養生テープを撤去し、シーリングの補修は完了です。

シーリング材がしっかりと乾いたことを確認し、

いよいよ塗装の工程へ移ります。

外壁の塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの計3階の工程を踏みます。

最初に行う下塗りの目的は上の塗料と外壁材をより密着させる事です。

後に塗るメインとなる塗料の邪魔にならない

乳白色や透明色の下塗り塗料を塗って行きます。

下塗りが乾いた後、メインの中塗り・上塗りの工程へ移ります。

中塗り・上塗りでは同じ塗料を使用し

しっかりと外壁に色を付けていきます。

重ね塗る事で気泡や色ムラや塗り残しを防ぎます。

塗料が乾いたら、塗りムラや気泡がないか最終チェックをし、

足場や保護シートを撤去して工事完了です。

外壁材の下地は、防水性がない為

塗装をする事で美観だけでなく防水性も補われます。

外壁は生活の中で目に付きやすい分、傷みも発見しやすくなっています。

修三レッド修三レッド

色褪せや触ると手に粉状の塗料が付くことは劣化のサインです。
特別な知識がなくとも簡単に確認できるので、定期的にチェックをして
外壁からのSOSにいち早く気づいてあげましょう!

根石絵美根石絵美

修三監督、ありがとうございました。
台風5号が接近しています。現在の予想では、
日本列島への直撃はありませんが、天気は崩れるそうです。
念の為の大雨の対策をしておきましょうね。
お住いの事なら小さなことでもプロがお答えします。なんでもご相談下さい。