山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
今日から週末まで雨が続くそうですね。


古市友莉奈古市友莉奈

こんにちは、古市です。
そうですね。部屋の中がじめじめするので
早く天気が良くなって欲しいですね。
そういえば、天気が悪い時でもパンを湿気させない方法ってあるんですか?


山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

新鮮保存バッグに入れて中を
密閉すれば乾燥を防ぐことができます。
パン本来の美味しさを保つことができますよ。


古市友莉奈古市友莉奈

そうなんですね。
早速やってみようと思います。
今回は広島県広島市東区でひび割れた瓦屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根葺き替え工事

築年数:35年前後

 

【工事前】

【工事後】

工事の様子

古市友莉奈古市友莉奈

瓦の破損や漆喰の傷みが見られますね。
今回はどんな工事をしたのですか?

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

今回は長い間手入れをしておらず、
また、屋根内部の雨漏りなどの症状もあった為、葺き替え工事を行いました。

屋根の葺き替え工事では既存の屋根材を全て撤去し、新しいものに取り替えを行います。

葺き替えの場合、塗装と異なり工事の際には時間や費用も掛かります。

また、建物内部が傷んでいる場合は構造ごと一新しなければなりません。

葺き替え工事などの大きな工事が必要になる前に

専門家による診断やメンテンナンスを受けて劣化があれば補修を行い、

屋根をベストな状態に保っておくようにしておきましょう。

 

工事開始です。

まずは既存の古い瓦をめくって取り外していきます。

瓦を支える葺き土、瓦を引っかける桟木を除去し、下地は野地板だけの状態にします。

この時、板の傷みの状態も確認し、傷みが激しい箇所は張り替えなどの補修や補強を行います。

野地板の調整が終わりましたら

雨から屋根の下地を守る防水シートを板の上から貼り、

シートに瓦を引っかけるための桟木を設置します。

桟木を設置しましたら新しい瓦を取り付けていきます。

今回は石州瓦を葺き替えました。

この瓦は

・重量がある為、地震でも瓦がずれない

・変色に強く、美しい外観を長期間保つ

などの特徴があります。

屋根の瓦を全て取り替えたら工事完了です。

 

今回のような瓦屋根はトタンやストレート屋根に比べて耐久性が高いという特徴があります。

その為、メンテナンスも30年に一度の頻度で良いとされています。

しかし、他の屋根材と比べて手入れの頻度が少ないといっても

地震や台風などの被害を受ければ補修が必要になりますし、

メンテナンスが不足していると20年ほど経つと

瓦のひび割れやずれなどで使い物にならなくなることもあります。

ヒビや色あせなどを見つけたタイミングで

プロに屋根の状態を見てもらうなどの対処をしておくことが

屋根の寿命をより長く伸ばすことに繋がります。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

瓦屋根の塗装や補修は専門的な知識が必要になります。
信頼できる地域の業者を中心に工事を依頼しましょう。

古市友莉奈古市友莉奈

山崎部長、ありがとうございました。
大型の台風5号が近づいています。
土砂災害や浸水などの恐れがあるのでご注意下さい。
屋根だけでなく、住宅のメンテナンスでお悩みの方はお気軽にご相談ください。