レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
7月13日は7(ナ)、1(イ)、3(スリー)の語呂合わせから 「ナイスの日」なんですよ。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。 ナイスの日ですか。
なんだか前向きになれそうでいいですね。


レインボー小泉レインボー小泉

毎日、小さくても素敵なこと
ひとつでも見つけられたらナイスだと思うと気分もいいですよね。


濱本葉子濱本葉子

本当にそうですね。
今日は一つでも何か良い事を見つけてみたいと思います。
先日お客様から、
「窓から見える屋根の色褪せが酷いので心配です。 一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市佐伯区で色褪せした屋根の無料診断を行いました。

写真でもはっきりと分かるように、2階建ての屋根全体が色褪せています。

また、屋根に錆や苔、ひび割れ等の劣化症状もありました。

写真のような屋根を、スレート屋根と言います。

スレート屋根の商品名であるカラーベスト、コロニアルとも呼ばれます。

スレート屋根の厚さは約2mm程と重量も軽く、

カラーバリエーションも豊富で安価と言う事もあり 一般住宅を中心に多く普及されました。

この様にメリットの多いスレート屋根ですが、

瓦屋根の寿命は50年~100年に対し スレート屋根の寿命は20年~25年と短くなっています。

濱本葉子濱本葉子

なぜ、スレート屋根の寿命はこんなに短いのですか?


レインボー小泉レインボー小泉

これは季節や日々の寒暖差や温度変化などが原因で、
屋根材が劣化してしまうからです。

スレートの主成分であるセメントは、水分を吸収する性質があります。

雨の日には防水をしていても、少しずつ水分を吸収し

冬などの気温が下がり乾燥した日には吸収した水分が凍ってしまいます。

このような体積の変化に屋根材自体が耐えきれなくなり、

ひび割れや塗装の剥がれと言った劣化症状が現れます。

築20年以上の住宅や湿気が多く雪がよく降る地域にある住宅は、

劣化するスピードも速くなりますので早めに専門家にしてもらいましょう。

スレート屋根は、表面の塗料のみ劣化している場合には

再塗装により再度屋根材を保護することが出来ますので、

屋根自体の寿命を延ばすことが出来ます。

一方、何年もメンテナンスをしていない場合は、

屋根材内部の劣化など表面の塗装だけでは修理することが難しく、

全面葺き替え工事が必要となる場合もあります。

レインボー小泉レインボー小泉

今のお住まいに長く住み続ける為にも、
屋根のメンテナンスを定期的に行うように心がけましょう。

濱本葉子濱本葉子

小泉部長、ありがとうございました。
7月13日~8月25日まで国営備北丘陵公園で夏のイベントが開催されています。
中国地方最大級のクワガタなどが観察できる カブトムシドームや40種以上もの遊具が用意されている他、
園内では大輪のヒマワリも咲き誇り、 大人も子供も夏を満喫できる催しがいっぱいです。
今年の夏休みはこのようなイベントに参加して、 楽しい思い出をいっぱい作りたいですね。
色褪せた屋根や外壁等、 住宅で気になる事があればいつでもご相談ください。