中本かおり中本かおり

こんにちは、中本です。
7月23日頃から、大暑という暦に入りました。
文字を見るだけでも、汗が出てきそうです!
いよいよ、本格的な夏がやってきますね。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
先日、打ち水をしているご家庭を見かけました。
体調を崩さないように、暑さ対策をしていきたいですね!
今回は、広島市南区で塗膜が剥がれた外壁のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:プレミアムフィラー、プレミアムシリコン他
築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

瀧本紗也香瀧本紗也香

外壁の表面が剥がれて、灰色の下地が見えていますね。

中本かおり中本かおり

このように下地が表に出ている状態は、大変危険です!

下地の主原料であるセメントには、防水性がありません。

表面を塗装して出来る塗膜によって、

雨水や空気中の水分が家に入り込むことを防ぎます。

塗膜にひび割れや、今回のように剥がれが発生していたら

下地が水分を吸収している恐れがあります。

この状態を放置すると、外壁が下地ごと剥がれ落ちる可能性もあります。

瀧本紗也香瀧本紗也香

重症化する前に劣化を止めましょう。
今回は、外壁の塗装工事の様子をお伝えします。

今回は2階の外壁も塗装を行うため、

足場・保護シートを組み、工事開始です。

外壁は常々雨風や紫外線に晒されています。

目に見える汚れ以外にも、塵や埃といった細かい汚れが付着しています。

見た目や耐久性にも影響が出るので、

最初に高圧洗浄機を用いて、汚れを落としていきます。

業務用なので水圧も強く、どんどん汚れが落ちていきます。

高圧洗浄機で落ちなかった古い塗膜や細かい汚れは、

手作業で丁寧に落とします。

続いて、下地のモルタルの補修です。

下地にひび割れや傷みがあるまま塗装をしても

後々に再発する恐れがあるので、しっかりと補修をします。

下地の補修後、塗装工事に入ります。塗装は基本3度塗りです。

最初の下塗りは、2度目の中塗り、3度目の上塗りの塗料を

下地にしっかりと密着させる為の工程です。

今回は、乳白色のプレミアムフィラーという塗料を使用しました。

下塗りの塗料が乾いたことを確認したら、

色を付けるメインの塗料を重ね塗りしていきます。

中塗り・上塗りでは基本的に、同じ塗料を使用します。

メインの塗料には「プレミアムシリコン」を使用しました。

重ねて塗る事で、下地を雨水などから守る厚みのある頑丈な塗膜にしていきます。

最後に色ムラや気泡が出来ていないか等を確認し、工事完了です。

住宅の最大の敵は水分です。

今回の様な下地や、木や鉄で出来た構造体といった

内部にまで水分が入り込んでしまうと、

腐敗や人体に害のあるカビを誘発してしまいます。

中本かおり中本かおり

お住まいの健康寿命を延ばすには、
人間の体と同じく定期的に診断をし、傷みに早い内に気付く事が重要です。
今の住宅の状況を専門家に見てもらい、現状を把握する事から始めましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

中本さん、ありがとうございました。
ここ数日続いていた雨も、やっと落ち着きそうですね。
今週末は、宇品で花火大会があります!良い天気になるといいですね。
外壁のメンテナンスでお困りの方はお気軽にご相談ください。