グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
夏と言えばかき氷!!
昔はイチゴ味、ブルーハワイ味、メロン味など定番の味しかなかったんですが、
最近はコーラ味、コーヒー味など選びきれないほど種類がたくさんあるそうですよ。


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
かき氷、冷たくて美味しいですよね。
今はそんなに種類があるんですね。私はコーヒー味が気になります。
今度機会があれば食べてみたいです!
今回はお客様から、
「屋根が傷んできて不安なので見に来てほしい」
とご依頼を頂き、広島市東区で劣化した漆喰の瓦屋根リフォーム診断に行ってきました

瓦屋根の漆喰がひび割れ、傷んでいるのがわかります。

棟の先端にある漆喰は、

のし瓦や棟瓦で守られていませんので劣化するスピードも速く、

剥がれや苔が発生すると目立ってしまいます。

屋根の一番上の部分には、瓦が何段も積まれている「」と呼ばれる部分があります。

棟は葺き土を土台にして積まれており、

漆喰は雨風が葺き土に当たるのを防ぐ役割を担っています。

他には、漆喰は接着剤のような役割も担っています。

瓦と瓦の隙間を埋めて、雨水の侵入を防ぎ、屋根を綺麗に見せてくれています。

浅田愛美浅田愛美

漆喰は、いろんな役割を担っているんですね!
でも、今回のようにひび割れたり、苔が生えたりする原因はなんですか?


グレイト石川グレイト石川

漆喰の劣化原因は経年劣化や雨水が多いです。

漆喰は水分を出したり吸収したりする、調湿性があります。

漆喰は長い年月をかけて少しずつ固くなっていきます。

そうすると、漆喰は葺き土の外側に塗っているため境目があります。

長い年月をかけて漆喰と葺き土の隙間に少しずつ隙間ができてしまいます。

そのような状態のときに、雨や風、台風や地震などによって

漆喰自体がひび割れてしまったり、剥がれてしまったりしてしまいます。

時には瓦がずれてしまうこともあります。漆喰の剥がれを放置してしまうと、

棟部分、棟の土台の葺き土部分など屋根全体に傷みが広がる可能性があります。

最悪の場合、雨漏りに繋がることもあり、注意が必要です。

浅田愛美浅田愛美

そうなんですね。
漆喰がひび割れてしまった場合には、どのような補修をするのですか?


グレイト石川グレイト石川

漆喰の補修方法は、
漆喰詰め直し工事」、「棟積み直し工事」の2種類です。

漆喰詰め直し工事は、既存の漆喰を取り除き、新しい漆喰を塗る補修方法になります。

棟積み直し工事は、棟を一度取り除き、

中の土台部分の葺き土を新しくし、また棟を積み直します。

漆喰の劣化状態によって補修方法は変わってきます。

浅田愛美浅田愛美

石川監督、ありがとうございました。
不安をなくすことで安心して暮らせますね。
お家のことで不安な事、悩んでいることはありませんか?
遠慮なく私たちへご相談ください。