恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
梅雨も明けて日差しが強くなりましたね。
こんなに暑いと海にでも入りたくなりますね。


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
そうですね。プールや海で暑い夏を楽しみたいですね。
今回は安佐北区で大手塀の補修工事を行いました。
まずは工事情報からご紹介します。

工事情報

工事内容:大手塀補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

 

大手塀は防犯対策・プライバシーの保護などの役割を果たすだけでなく、

家の第一印象となる重要な箇所でもあります。

特に外構は道路など通行する場所から見ると住宅の中で一番目につきやすい場所ですので、

その部分の塗装が汚れていたり、剥がれていたらあまり良い印象にはなりませんよね。

マイホームにお洒落・綺麗な印象を持ち続ける為に、

通行人や近隣の方が一番に目にするや門や塀といった

目に付く場所は綺麗にしておきましょうね。

恩返し亀岡恩返し亀岡

ひび割れや剥がれなどがあれば、
専門家に見てもらい補修をしておきましょう。


浅田愛美浅田愛美

今回は大手塀の補修工事の様子をご紹介します。

工事の様子

工事開始です。まずは高圧洗浄で水圧をかけて

塀にこびりついた苔や古い塗膜を落とします。

勢いが強すぎると塀の表面を傷つけてしまうので水圧を調整して作業します。

洗浄後は塀の剥がれやひび割れが激しい箇所をモルタルで補修します。

塗装を行う前の下地調整もより良い仕上がりにするためには欠かせない工程です。

補修作業が終わりましたら塗装作業に入ります。

まずは下塗り材を塗り、それから仕上げの塗料で重ね塗りの塗装を行います。

今回の大手塀のように塗装する箇所が広い場合は

ローラーを使って塗料を塗布しますが、

注意しなければならないのが塗りムラや塗り忘れです。

塗装の不備は施工後の美観や早期の劣化に影響してきますので丁寧な塗装が必要になります。

塗装が完全に乾きましたら、工事完了となります。

 

ブロック塀や大手塀などの外構の表面がなぜ剥がれるのかといいますと、

経年劣化により表面の塗装が傷み、塀内部に水が廻りやすくなるからです。

多くの塀は地面や土の部分に接しているので水分を含みやすくなっています。

水が内部に入ると塗料の密着が弱くなるので剥がれやひび割れなどの症状が現れます。

恩返し亀岡恩返し亀岡

定期的にメンテナンスを行い、
被害を最小限にして、綺麗な塀を保ちましょうね。

浅田愛美浅田愛美

亀岡さん、ありがとうございました。
梅雨が明け、連日暑い日が続いています。
この週末は熱中症に気を付けて、楽しい休日をお過ごしください。
お住まいに関する事で気になる点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。