中本かおり中本かおり

こんにちは。中本です。
7月も終わり、8月になりましたね。
北海道では鹿が海で泳ぐ姿が見られたそうです。
動物もこの暑さにはまいっているようですね。


根石絵美根石絵美

こんにちは。根石です。
暑いのは人も動物も一緒なんですね。
今回は広島県広島市西区でフェンスのリフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事名:フェンス補修工事

築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

家の第一印象を決めるともいえる外構。

常日頃、雨風にさらされる外構は定期的なメンテナンスが必要になります。

ひび割れが目立つし、外構のリフォームしたいけど、高くつきそう・・・。

と悩んでいませんか?

外構のリフォームや補修工事の費用は確かに安くありません。

しかし、劣化が表面に出てきた場合は注意が必要です。

傷みが目に見えるようになったら内部の鉄筋も傷んでいる可能性があります。

フェンスや塀が傷んだ状態のまま地震などの揺れでダメージを受けると、

欠けや倒壊などが起こり、大切な家族や通行人がけがをする恐れがあります。

メンテンナンスが必要かもと思った今がタイミングです。

まずは専門家に相談してみましょう。

根石絵美根石絵美

今回は外構のリフォーム工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずは既存のブロック塀を工具を使って解体します。

内部にある鉄筋や基礎となるコンクリートの塊も細かく砕きます。

解体後は新しい化粧ブロックを積んでいきます。

内部に鉄筋を差し込んで補強を行い、モルタルでブロック同士を接着します。

モルタルでつなぎ合わせることで、

地震などの強い衝撃を受けても破損を最小限に抑えることができます。

ブロックを設置したら、フェンスを取付けます。

フェンスを設置することで外部から家が見えなくし、

住宅が人通りが多い道に面していてもプライバシーを守ることができます。

フェンスの設置が終わりましたら工事完了です。

 

外構のメンテナンスはどうして必要なのでしょうか?

フェンスは美観を保つだけに補修を行う訳ではありません。

例えば、フェンスの柱が腐食していたり、

本体がぐらついているのを放置しているとどうなるでしょうか?

防護柵としてのフェンスが傷むと不審者の侵入路ができたり、

寄りかかった際に折れたりなどの危険が生じます。

外構の傷みや劣化などの異常に気が付いたら早めに補修を行いましょう。

中本かおり中本かおり

構造物の劣化は見栄えを悪くするだけでなく、
ご自身や周りの方々に被害を及ぼすことになりかねません。
定期的にメンテナンスを行いましょう。

根石絵美根石絵美

中本さん、ありがとうございました。
和歌山県で新種のクラゲを中学生と小学生の兄弟が採取しました。
新種の発見も採取した少年たちの若さにも驚きですね。
お住まいのリフォームやリノベーションなど、
お考えの際はいつでもお問い合わせください。