レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
三冠を制しGIを7勝した歴史的名馬
「ディープインパクト」が昨日亡くなりました。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
私もそのニュースを聞いてすごく悲しかったです。
でもきっと彼の子供たちがまた、私たちに夢を与えてくれると思います。
先日、お客様から
「倉庫の屋根が酷く傷んでいます。気になるので一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市安佐南区で黒く汚れた波板スレートの無料診断を行いました。

早速、屋根の上を確認したところ、

屋根材にひび割れや塗装の剥がれが見られました。

また、屋根材を固定する金具が錆てしまい、外れやすくなっていました。

写真のような屋根はスレート屋根と呼ばれています。

スレート屋根はセメントと繊維を混ぜ込み成形したものを指します。

主成分が防水効果を持たないセメントである為、上から塗料を塗り防水性を補っています。

波板スレート屋根の施工も他の屋根材よりも手軽で、

ひび割れなどの小さな傷みであれば交換によるメンテナンスも可能です。

その手軽さや丈夫さから工場や倉庫などで使用される事が多く、

耐久性や耐火性、遮音性に優れた屋根材です。

この様に使い勝手の良い屋根材ではありすが、

波板スレートは表面に砂や埃が付着し汚れやすいというデメリットがあります。

また、2004年以前の波板スレートにはアスベストが使用されている場合があります。

波板スレートのアスベストは住んでいる分には人体に被害はありませんが、

施工する際に作業員に影響が出る恐れがあります。

その為、撤去の際には特殊な作業が必要となり、

アスベストのない波板スレートを施工するよりも施工費用が高くなります。

波板スレート自体は強い屋根材ですが固定するフックボルトは金属性の為、

雨風の影響で錆びてしまうと隙間ができ、内部に雨水が侵入しやすくなります。

今回のように波板スレート屋根がひび割れ・色褪せした場合、

金具部分や一部のスレート屋根を交換する、屋根を塗装する、

上から別の屋根材で覆うカバー工法などの修理方法があります。

屋根の傷み具合や予算によっても変わってきますので、

まずは専門家に診てもらい現状の把握をすることから始めましょう。

レインボー小泉レインボー小泉

これから台風のシーズンがやってきます。
大きな被害になる前に、一度専門家の目で診断してもらいましょう。


濱本葉子濱本葉子

小泉監督、ありがとうございました。
梅雨明けした先週1週間で熱中症で救急搬送された人数がなんと、
全国で5,664人と、前の週の3倍近い値となっているそうです。
どんどん暑さが増しています。
ご家族でお出かけの際は十分に対策を取ってお出かけ下さい。
屋根や外壁で困った事があったらいつでもご相談下さい。