グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
夏の野菜といえばとうもろこし!美味しいですよね~。
おやつとしてもおかずの一品としてもいいですよね。


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
私もとうもろこし大好きです。甘くて美味しいですよね~。
最近はレンジで調理できるので時短にもなり、より甘くなるみたいですよ。
今回はお客様から
「家を建ててから屋根の修理を1度もしたことがないので見に来てください」
とご依頼を頂き、広島市佐伯区で漆喰が劣化した瓦屋根のリフォーム診断に行ってきました。

瓦屋根の白い漆喰の部分が剥がれていているのがわかります。

また、漆喰が剥がれているほかひび割れ、黒ずんでいる箇所など傷みが広がっていました。

日本の瓦屋根の寿命は50年~100年と言われ、

他の屋根材と比べると断トツの耐久性を持っています。

しかし瓦自体の耐久性は高くとも、

瓦屋根には瓦以外にも今回のように漆喰といったものから雨樋、防水紙などが使用されており、

他の部分が瓦屋根と同じように耐久性が良いわけではありません。

その為、丈夫な瓦が使われているからとメンテナンスを怠ると、

雨漏りなどの被害に繋がる可能性があります。

瓦屋根でも定期的なメンテナンスが必要なのです。

中でも漆喰は屋根の一番上の棟の部分に存在します。

葺き土という土を土台にし棟瓦が積まれており、

漆喰は雨や風から葺き土を守る役割をしているため、瓦屋根に漆喰は重要な役割を果たしています。

浅田愛美浅田愛美

瓦屋根の耐久性には驚きました。
では、漆喰の寿命はどのくらいなんですか?


グレイト石川グレイト石川

漆喰の寿命は一般的に約20年程となっています。
ですが気候や劣化の進行状況によってはもっと早い場合もあります。
漆喰のメンテナンスのタイミングとしては、
今回のように漆喰が剥がれている、中の葺き土が見えてしまっている、
漆喰がひび割れているなどの劣化状況が見られた時です。
定期的にメンテナンスを行うと、コストも抑えれますよ。

劣化を放置してしまうと、雨漏りの原因になる可能性もあります。

漆喰は常に雨や風にさらされていて、ダメージを受けやすいのです。

漆喰は瓦と瓦を繋ぐ接着剤のような役目もしているので、

漆喰が剥がれてしまうと瓦がずれ、ずれた瓦を放置してしまうと、

自然災害が起きた時に瓦が破損したり、落下してしまうこともあります。

また、瓦がずれた隙間などから雨水が侵入し、雨漏りしてしまうこともあります。

屋根全体に傷みが広がる前に、メンテナンスを行うようにしましょう。

浅田愛美浅田愛美

石川監督、ありがとうございました。
夏に入り熱中症の話題が連日ニュースで報道されています。
クーラーの効いた室内にいるからと安心せず、
水分補給をしっかりとして、休息をとるようにしましょう。
お家のことでお困りなことはありませんか?
私たちへご相談ください。