グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
広島県では台風も過ぎて、良い天気になりましたね。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
熱中症で倒れないよう体調には気をつけてくださいね。
今回は広島県広島市安佐南区で屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:瓦棒塗装工事

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

濱本葉子濱本葉子

屋根の塗装が剥がれて錆が目立っていますね。

グレイト石川グレイト石川

瓦棒屋根の場合、一度錆びてしまうと腐食が一気に進みます。
腐食が進むと雨漏りの発生にも繋がりますので、
錆を見つけたら早めに対処を行わなければなりません。
今回は瓦棒屋根の塗装工事を行いました。

 

屋根の塗り替えは一般的に10年前後とされていますが、

実際は錆が見え始めたら塗り替えのサインです。

錆が全体に広がってしまうとサビを落とす作業(ケレン作業)も

広範囲に行う為、工事の期間が延びてしまう事もあります。

また、屋根の傷みが激しく、症状がかなり進んでいる場合は

塗装だけでは修理ができず屋根の葺き替えが必要になることもあります。

錆や塗装の剥がれを見つけたらまずは専門家に屋根の状態を見てもらいましょう。

 

濱本葉子濱本葉子

今回は屋根の塗装工事の様子をご紹介します。

 

まず錆や劣化した塗料を取り除きます。

瓦棒屋根の場合、素材が鉄板でできている為

高圧洗浄のような下地処理では汚れを落としきれないことがあります。

その為、ワイヤーブラシなどの工具を使って下地処理を行います。

下地処理が終わりましたら錆止め塗料を塗布していきます。

瓦棒屋根の場合はこの塗装工程が下塗りとなります。

下塗りでは塗装の密着性を高め、

よりきれいな仕上がりにすることを目的として行います。

錆止め塗料は密着力やサビの発生を抑える力は強いものの、

紫外線に対しては強くありません。

この弱点を補うために上塗り塗料を2回塗って塗膜を保護します。

また、この塗装では塗膜に厚みをつけ、

美観性と耐久性を高めるといった目的もあります。

塗装が完全に乾きましたら工事完了です。

 

瓦棒屋根はデザイン性が豊富な屋根材の一つであり、

素材自体の性能も年々高くなってきています。

とはいっても、金属製なので錆つきやすいというデメリットがあるので

定期的に塗り替えを行うなどのメンテナンスを行い、少しでも長持ちさせるようにしましょう。

グレイト石川グレイト石川

瓦棒屋根だけでなく、
どんな素材の屋根もいずれは塗装や葺き替えをしなければなりません。
早めのメンテナンスが大きな劣化の発生を防ぐことに繋がります。
まずは専門家の診断を受けることから始めましょう。

濱本葉子濱本葉子

石川監督、ありがとうございました。
北海道の道の駅の駐車場が車中泊対策の為に有料化になりました。
公共の場だからこそマナーを守ってお互いに気持ちよく利用したいですね。
屋根のメンテナンスでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。