子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

こんにちは、鈴木です。
夏は熱帯夜が多く、なかなか満足に寝付けませんよね。
夏後半は夏バテに注意です。


根石絵美根石絵美

こんにちは、根石です。
夏バテにならないように、ビタミンB1やCが入っている食べ物を
取るように意識したり、睡眠不足にならないよう気を付けましょうね。
今回は広島市東区で床下の防蟻リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:床下防蟻・調湿木炭敷工事
使用材料:漂白材、防蟻材他
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

湿気を好むシロアリは住宅の土台や柱である木を食べて、

建物の強度を低下させてしまいます。

床下は普段見る機会が少ない場所ですので、

劣化しても発見が遅れてしまうことが多いです。

床がぶかぶかしたり、違和感を感じるようになれば要注意です。

根石絵美根石絵美

今回は床下の防蟻と木炭敷の工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずは床下に残っている土を掻き出し、床下を綺麗に清掃します。

床下は狭く、今回のように掻き出す土の量が多いこともあります。

時間が掛かる工程ですが、後の工程をスムーズに進める為にも欠かせない作業です。

土を掻き出した後、木部に漂白剤を塗ります。

傷んでいる箇所を中心に全体に塗布していきます。

次に防蟻材を塗ります。写真の黒い塗料が防蟻材です。

今回は防蟻材にウッドワンの「WOODGO」を使用しました。

木部を腐らせるシロアリだけではなく、腐朽菌からも守ることが出来ます。

また、塗膜に防水効果がある為、綺麗な外観を長期間保つことが出来ます。

次に調湿用木炭を敷きます。

特にキッチンやお風呂、トイレなどの水廻りの床下は湿気を含みやすく、

木材である柱や土台が傷みやすくなっています。

この湿気を防ぐ為、調湿用の木炭を袋に詰めて全体に敷きます。

内部の木炭が湿気を吸ってくれる為、柱などに湿気が溜まることを防ぎます。

偏りが出ないように等間隔で木炭を敷き詰めれば、工事完了です。

シロアリの駆除や防止にかかる費用は、

建物の構造や被害状況によって変わってきます。

建物の構造では、床下に入るスペースの有無や基礎断熱の有無などによって、

工事の難易度が変わってくる為、それに応じて金額も少しずつ変動するのです。

また、住宅が木造かRC造、鉄骨造なのかによっても、

薬剤を処理する範囲が変わってくることがありますので、

見積りを取る際にはしっかりと確認しておきましょう。

 

子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

工事金額だけでなく工事の内容も確認し、
適切な工事を行いましょう。

根石絵美根石絵美

鈴木さん、ありがとうございました。
シロアリ被害は酷くなるまで気付くことは難しいです。
被害が大きくなる前に、定期的なメンテナンスを行いましょう。
床下や水廻りなどご自宅のことでお困りごとがありましたら、
遠慮なくご連絡ください。