イケメン細川イケメン細川

こんにちは、細川です。
「雨模様」という言葉がありますよね?
雨模様の時は雨は降っていると思いますか?


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
うーん、雨の字が入っているので降っていると思います。


イケメン細川イケメン細川

雨模様とは「今にも雨が降ってきそうな状態」を指します。
だから、雨模様では雨は降っていないんですよ。


寺本園子寺本園子

そうなんですね。
言葉の意味を正しく理解しないといけませんね。
今回は、広島市佐伯区で瓦屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

工事開始です。

まず、劣化した古い瓦を屋根の上から降ろしていきます。

一度取り外した瓦はまとめて管理します。

屋根は傾斜になっていることが多く、不安定になっています。

瓦のような重量のあるものが高所から落下すると、

事故に繋がる可能性があります。

事故に繋がらないようしっかりと管理しておく必要があります。

瓦下にある桟木の撤去を行います。

また、瓦屋根の下地である野地板が腐食していれば補修を行います。

瓦下の状態はこのような瓦を一度取り外し撤去する工事でなければ、

なかなか確認する機会がありません。

撤去や補修後、屋根全体を箒などを用いて砂や埃といったものを清掃します。

下地の補修が終りましたら、

野地板の上から防水紙(ルーフィングシート)を貼ります。

軒先から棟に向かって敷いていきます。この順番で敷くことで、

瓦の下へ雨が侵入したとしても内部へ浸透しにくくなります。

次に、防水紙の上から均等に桟木を取り付けます。

桟木は瓦を緊結したり、引っ掛ける為に必要な建材です。

ずれてしまうと隙間が空いてしまう、美観が損なわれる為、

バランスを見つつ取り付けます。

雨の侵入を防止する捨谷(すてだに)板金を取り付け、瓦の葺き上げを行います。

前の工程で取り付けた桟木の上に新しい瓦を均等に並べていきます。

瓦を並べた後、棟を積みます。

まず棟の土台となる強力棟用金具・垂木を取り付けます。

シルガード(南蛮漆喰)を垂木の周りに塗付します。

棟を形作る上で重要な工程となりますので、適度な量を見定め塗っていきます。

最後に棟瓦を上から被せるように置き、取り付けたら工事完了となります。

屋根の葺き替え工事は、

既存の屋根材を撤去し新しい屋根に葺き替える工事となります。

屋根の工事の中でも葺き替え工事というのは大きな工事となりますが、

今回のように瓦下にある防水紙・野地板など、

なかなか目の届かない場所もメンテンナンスすることが出来ます。

最近では屋根の老朽化に限らず地震対策として、

重量のある瓦屋根から軽く丈夫な金属屋根に葺き替える住宅も増えています。

イケメン細川イケメン細川

屋根は住宅にとっても、
欠かすことの出来ない重要な部分です。
なかなか確認する機会が少ないかもしれませんが、
定期的なメンテナンスを心掛け、傷みが大きくなる前に修理しましょうね。

寺本園子寺本園子

細川所長、ありがとうございました。
九州地方では、大雨特別警報が発表されました。
雨が弱まっても土砂災害などを引き起こす恐れがあります。
命を守る行動を最優先にしましょう。
キッチンやトイレ、お風呂などの水廻りや
屋根・外壁等、お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。